« 食通への道 | トップページ | クリスマス・イブ »

2007年11月29日 (木)

法の順守

横浜に本社をおくシューマイの老舗、崎陽軒が農林水産省の
調査を受けた。
商品表示に誤りがあると、同社から相談を受けての調査だという。

調査の結果、日本農業規格(JAS)法に違反していると判明。
同社は該当する商品を自主回収して、表示を改める処置をとる
方針を発表した。
同法の原則では、原材料の重量が重い順に表示しなければ
ならないが、崎陽軒のシューマイは、順序を違えて表示して
いる商品があったという。

これを故意か過失と考えれば、やはり意識的に順序を変えたと
考えるのが妥当だろう。
しかし、これを一連の偽装工作と同列に考えるのはどうか。
商品に含まれていない原材料を表示したり、その重量を偽った
のではなく、表示すべき順序を変えたというもの。

この問題で注目すべきは、誤りをメーカー自ら申し出た点だ。
法を尊重して順守すること、それが自社の信用を繋ぎ止める
唯一の方策だとの判断だろう。

本来[豚肉、たまねぎ・・・ホタテ貝柱・・・]と順に表記すべきを、
[豚肉、ホタテ貝柱・・・たまねぎ・・・]と表記したもの。
シューマイ1個についてみれば、僅か数グラム単位の違いだが、
そこに企業の責任を見出し改める意思表示をする。

順法精神や企業倫理など、これまで企業に求められながら、
あまりにも蔑ろにされてきた要点を改めて認識し、襟をただす。
この先、本来歩むべき道を進む企業が一社でも増えることを
願いたいものだ。

|

« 食通への道 | トップページ | クリスマス・イブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食通への道 | トップページ | クリスマス・イブ »