« 買いだめ | トップページ | 文化の日 »

2007年11月 2日 (金)

シンジタクナ~イ

パーフェクト継投で惜敗  by  ヒルマン (日本ハム・ファイターズ監督)
2年連続、日本シリーズ制覇を土産にメジャーに凱旋したかった。
であろうヒルマン氏には忘れられない一戦となったか?

まぁ・・・仮定や憶測、まして願望の話しは止めましょう。
そう・・・あの継投についてもデス!
といいつつ・・・この先はおもいっきりイイ加減な憶測デス。

落合監督の正直な感想は・・・・・
山井が8回まで完全に抑えるとは (嬉しい誤算)
ではないですかね。

1敗の後、3連勝・・・・・しかし、短期決戦で油断は禁物。
ここで負けたら次は敵の本拠地。一気に、相手の流れになる。
一戦とて、捨て試合は組めない。
とはいえ、ダルビッシュが相手であれば、自軍は何点奪えるか?

ならば、ここは継投策で乗り切る。
仮に負けても、エース山本は後詰として札幌決戦に温存する。
ダルビッシュと山本で、双方が痛み分けすればシリーズ制覇だ。
短期決戦の戦い方からすれば矛盾するが、冷静に可能性を
分析すれば当然の帰結ではないだろうか?

今年のオールスター戦。
セントラルを指揮した落合監督は、1イニングを一人の投手に
任せ、結果は9人でパーフェクトゲームを達成させた。
決してエンターテインメントを解さない御仁ではない。

野村克也氏は
10人の監督、10人が山井の継投を考える
と解説したとか。
残る一人は・・・・・あっ! 野村さんか!?

100年に1度あるかないかの凄い興奮の瞬間よりも
53年ぶりの優勝を確実にしたかったというなら
ナント小心な夢のない野球か!本当に気分が悪い。

と、某スポーツライター氏は怒る。

1年間苦労して、その最後の瞬間は岩瀬に投げさせたい
あるいは、岩瀬が投げるべきだ
そうしたファンの声もある。

これらの、どれも当っているだろうし、外れているのではないか。
決めるのは、中日ドラゴンズ監督の落合氏だ。
過去2回、自身で日本一を獲り損ねた過去を想うと、どうしても
欲しい日本シリーズの勝利でもあったろう。
姑息な策を弄したのではない。普段着の野球をしたに過ぎない。
兎に角、53年ぶりの日本一 お祝い申し上げます。

それにしても レギュラーシーズン2位なのに ・・・・・
私はジャイアンツ贔屓ではないけれど・・・・・
・・・・・これもやっぱり日本一!?
シンジタクナ~イ!!

|

« 買いだめ | トップページ | 文化の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 買いだめ | トップページ | 文化の日 »