« 衣替え | トップページ | 携帯電話の値段 »

2007年10月 2日 (火)

華がない

福田首相の所信表明演説を聞いての意見である。         ただし、これは私の意見ではなく、野党第一党の幹事長や、   新聞のコラム氏の意見だ。                       そも、所信表明演説に於ける華とはなんぞや。           所信表明演説に華など必要か。     

劇場型政治の座長が去り、同様の人気投票で選ばれた座長は、観客が観たい舞台を務めず、勝手に舞って舞台から降りた。   二代続けて繰り返された茶番劇に追従したメディアに反省の色は無い。批判するのが仕事とでも考えているような批判は不毛だ。

いわれるまでもなく、かの演説は具体性に乏しく、国民が関心を 寄せている政策を踏み込んで説明していない。           目立ったのは参議院での議席数逆転を受けて、国会対策とも   いうべき野党への配慮だけだ。

演説で並べ立てた懸案に取り組む具体性が無ければ、      首相がいう国民に安心を与えることにはなりますまい。       また演説では取り上げられなかったが、前政権が掲げた施策は 後継政権では放棄するのか。我々が抱く疑問は山積されている。だからこそ踏み込んだ所信を聞きたかった。

もうワイドショー的な政治は御免こうむる。               芸能情報的な政治報道も御免こうむる。                国会やメディアは、もっと芯のところで議論・評価して欲しいし、  我々も視点を改めなければならない。

|

« 衣替え | トップページ | 携帯電話の値段 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 衣替え | トップページ | 携帯電話の値段 »