« 国際化は尊いか | トップページ | お休み »

2007年9月15日 (土)

どうにも止まらない

自民党総裁選挙は、候補者2名で一騎打ち。             とはいうものの、福田元官房長官に大方の派閥が支持を表明して、総裁選挙への興味は一気にそがれた。どんな候補が出て、どんな政策を戦わせるのか、そんな期待が一夜で消し飛んでしまった。 選挙に勝てる総裁候補を支持して己の議席を確保した後は、閣僚の椅子を狙おうという訳か。こうした機を見て敏な雪崩れ現象は、まさに旧態依然とした政権党の得意業ともいえる。

その辺り、自民党を攻める民社党スネに傷もつ身ではある。  反自民勢力が大同団結したと申せば聞こえはよいが、要するに  同盟という有力支持母体が付いた途端、思想信条の違いをもろともせず集まった連中ですから。自民党をはみ出した者、旧社会党を見限った者、その他弱小野党の面々。

こういうのを下世話に申せば目クソ鼻クソを笑うという。

そこで、こらからが我々有権者の正念場だ。             目と耳と神経を研ぎ澄まして、自分達にとってどの政党どの政治家が望ましい存在か。よくよく見極めようではありませんか。

|

« 国際化は尊いか | トップページ | お休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国際化は尊いか | トップページ | お休み »