« 政界も角界も | トップページ | 親から貰った身体に »

2007年9月13日 (木)

百年先を見通して

自民党の次期総裁選挙に立候補する顔ぶれが固まったようだ。  どうやら今回は好感度No.1を選ぶアンケートにはならないようだが、党内から望まれる次期総裁は選挙に勝てる人。国の行く末や政策を論じるのではなく、如何にして次回の選挙で己が議席を 守れるかにしか関心がない御仁の多いことよ。            中でも小泉チルドレンに及んでは、親を担ぎ出して自己保身を 図ろうと必死になっていた。

思えば今日ある自民党の苦悩は、つまりは選挙に勝てる人として、政策論争もせずに小泉純一郎を選んだところに端を発しているのだ。まさに言いたい放題、やりたい放題で、我が侭なナルシスト総裁が撒き散らした災禍といえる。さしずめ小泉チルドレンなどは小泉純一郎が郵政改革を断行するために選んだ生け贄だ。彼らは今になって気付き歯噛みしているだろう。見事に切り捨てられてしまった。

安倍首相を退陣に追い込んだテロ対策特別措置法だって、元を質せばポチ小泉の最後っ屁だ。自衛隊の海外派兵しかり。    自衛隊が行くところは非戦闘地域ですなどと、売れないお笑い芸人のネタのごとく失笑を誘って誤魔化したが、あれは我が国の将来にとって重大な一歩を踏み出した瞬間だと気付いた国民はどれだけいたか。                              あの首相答弁は、自衛隊は世界のいかなる地域へもどの国の軍隊と連携してもが可能という憲法第九条解釈を打ち立てたのだ

ここは充分に政策論議を尽くして、我が国の百年先まで考えて いる政治家に国を託したいものだ。まぁ、そんな御仁がいらっしゃれば国民は苦労しないのだが・・・

|

« 政界も角界も | トップページ | 親から貰った身体に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 政界も角界も | トップページ | 親から貰った身体に »