« 梅雨明けだぁ | トップページ | 風が »

2007年8月 2日 (木)

政策論議

今回の参議院議員選挙で、重要な政策論議が為されなかった。  特に改憲論議は、もっとも深く論じられなければならない問題だ。 改めるも、改めないも。残すも、残さないも。              大きく票を奪い合った二大政党の目指すところが似たようなものだったので、小さい党の主張に耳を傾けたかった。それが民主主義の根幹でもあるのだだけれど。

参議院選挙は政権選択選挙ではないと政権に居座る首相がいる。これまで国民がとってきた投票動向から見越した見解だろうが、これは有権者の問題でもある。

|

« 梅雨明けだぁ | トップページ | 風が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨明けだぁ | トップページ | 風が »