« つまらん | トップページ | 暑チィよねぇ »

2007年7月31日 (火)

次回の選択が大切だ

敗北者は、謙虚に敗北の原因を探らねばならない。         勝利者は、奢ることな民意の真実を探らねばならない。

政権あるいは首相は政策で敗れたのではない。という論調を   見受ける。年金、失言、不適切な経理処理。そうした問題で    野党から追求され、本来の政策論争が出来ずに負けたと。しかし、本来の政策論争に持ち込めないほど情けない内閣だからこそ、国民の批判を受けたのだ。

今回、民主党に流れた票は民主党への支持票ではなく、大半は自民党への批判だろう。だから、これが政権獲得の第一歩だ なんて考えない方が良い。次の選挙(3年後の参議院議員選挙か、解散総選挙か)では、またぞろ自民党支持票が盛り返すと思う。消去法で得た票を、真の支持票に変える努力こそが今後の課題だ。

それにしても決断が早い首相だ。                    自ら選任した閣僚を守る決断やら、自らの政権続投の決断やら。 決断する前に、判断が必要だろうに。中小企業のオーナーに多い タイプだが、判断より先に決断する人

そして、我々国民は次回の選択で真価を問われる。

|

« つまらん | トップページ | 暑チィよねぇ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つまらん | トップページ | 暑チィよねぇ »