« みたび交通事故に思う | トップページ | バスは難しい »

2007年6月 8日 (金)

こんな所に

                                                                  15t64hi06_3

                                                                    

この辺り、嘗ては里山ででもあったのか。               夜になると庭先に現れて餌を食べていくという。              画像を入れ替えました

|

« みたび交通事故に思う | トップページ | バスは難しい »

コメント

こんな可愛いタヌキさんなら会ってみたいです。

けど、かっつさんて東京でしたよね?
東京にもタヌキいるんだ。(笑)

投稿: ハイジ | 2007年6月 9日 (土) 12時17分

ハイジさん、まいど。
東京の郊外なら狸は居ます。
ここは横浜市内で、中心部から離れている場所ですから
以前は沢山いたのでしょうね。
この看板は仕事で訪問したお宅の入口にありました。
そこの奥さんが餌付けをされたそうです。
カラスも餌で手なずけたそうですが、動物たちは
このお宅の大きな庭に安心して訪れるのだと思います。

投稿: kattu | 2007年6月10日 (日) 11時50分

スタジオジブリの「平成狸合戦ぽんぽこ」を思い出しました。
此処に木が生えていたら、いかにも狸が居そうな里山ですね。
細々と命を繋いでいる狸一家に幸あれ♪

投稿: はなまるちゃん | 2007年6月10日 (日) 23時34分

「トトロの森」のモデルは東京都下にある里山とか。
近年目立つ、熊や猪の出没は彼らが生きる土地が
狭まっていることへの悲鳴なのでしょうね。
はなまるちゃんは山歩きで小動物に出会う機会がありますか?

投稿: kattu | 2007年6月11日 (月) 06時02分

山歩きをしていて小動物も大動物も見る機会は多々ありますよ。低山だったらキツネ、タヌキ、鹿、ちょっと標高が上がってリス、テン、カモシカ…結構出会ってますよ。ウサギは夜行性なんでしょうか、それとも余程用心深いのでしょうか、未だかつて足跡のみです。
3000mの稜線でニホンザルの群れを見た時は複雑な思いでした。穂高でも見たし、北岳でも目にしました。もしかしたら日本の山も赤信号なのかな?

投稿: はなまるちゃん | 2007年6月13日 (水) 22時42分

自然界の悲鳴は、山に限らずなのでしょうね。
自然の中を歩いていて、動物に接すると感激しますね。
北海道の自然では、エゾリスやらキタキツネに出会う機会に
巡りあいました。
もっとも実家の庭にもエゾリスは遊びに来ていましたが。

投稿: kattu | 2007年6月14日 (木) 00時07分

自宅の庭にリスが遊びに来るなんて、なんて豊かな♪
私はずっと京都市内ですが、それでも小さい頃はイタチくらいは
居ましたよ。
でもしかし、今やそれも住めなくなるような街に住んでる私…
ちょっと恥ずかしいです。

投稿: はなまるちゃん | 2007年6月15日 (金) 23時38分

実家では、ここ数年リスが来なくなったようです。
昔とかわらず近くの森との間には、リスが隠れながら
散策できる並木はあるのですが。
原因は交通量の増加でしょうね。
そう、何が豊かなのか。

投稿: kattu | 2007年6月16日 (土) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« みたび交通事故に思う | トップページ | バスは難しい »