« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月29日 (金)

暑つぅ・・・

梅雨の晴れ間だか、夏の演習だか、とにかく暑いわ。

一日中ジトォ~~~としてます。

来週は7月だし、仕方ないか。

| | コメント (0)

2007年6月27日 (水)

巣立ちはいつ?

親鳥と見分けが付かなくなったツバメの雛。

そろそろ巣立ちが近いかな?15t48p01

| | コメント (0)

2007年6月25日 (月)

いつの間に

今日は終日、霧雨が降ったり止んだり。                こんなのを梅雨らしい降り方というのかしらん。

近所で僅かに残った田んぼから、元気そうに蛙の鳴き声が     聞こえてきました。                             最寄駅のツバメは巣立ちが間近です。

高校野球が各地で始まっています。                  夏です。

| | コメント (0)

2007年6月24日 (日)

本末転倒

政府が導入を目論んでいるらしい社会保障番号          国民サービスカード国民の個人情報を一元管理するという。住民基本台帳ネットワークと連動させれば、今後は年金記録への入力ミスが無くなると説明している。                 おいおいチョット待ってくれよ。年金記録への入力ミスは、システムの問題ではなく運用上の問題だろう。単純な言い方をすれば、入力担当者の職務怠慢や社会常識の欠如から起きた問題では?   新しいシステムを導入しても、システムは何もしてくれないのだ。 個人情報を管理する担当者がミスをしない保障はないし、個人情報を漏えいさせない保障だって確保されはしないのだ。今起きている問題の根本を明らかにせず、己の都合に合わせて制度を改変する神経が信じられない。

だいたい、我々は個人情報の管理に信頼など置いていないぞ。  いつか個人情報が漏えいするのは確信を持って断言できる。   百歩譲って、漏えいが発生しないと仮定しても、国家が国民の個人情報を握ってロクなことはないだろう。こうしたシステムを導入して 便利に感じるのは国家で、我々国民には百害あって一理なし。  自分たちの過ちを逆手にとって、自分たちに都合の良い制度を押し付けるとは恐ろしいことを考える政府だ。

| | コメント (0)

2007年6月21日 (木)

今度はリンゴ

今度はリンゴ
連日暑いので、新しい飲み物に挑戦?
リンゴ酸スパークリングは、ほのかな酸味で甘味なし。
酎ハイに良いかも。

| | コメント (0)

2007年6月20日 (水)

どおりで

政府がタクシーの規制緩和を見直す方針を打ち出した、という報道を目にしてから1ヶ月ほど経つだろうか。規制緩和によって業界内で競争が激化し、収益を上げられない企業が増えているとか。それに伴って、タクシー運転手の労働条件が悪化したり、収入が減ったりする影響も出ているようだ。

その所為か、近ごろ車を運転していてタクシーの挙動に冷や汗を 流す機会が多い。客の取り合いが激しいからか、それとも運転手の質が低下しているのか。                         何所でも停まる何時でも停まる。その傍若無人ぶりには、かつて雲助タクシーと揶揄された悪質タクシーの評判を思い出させる。 その陰には何所でも停める、何時でも停める、客にも原因あるのは見逃せないが。

タクシーは、交差点の直前とか、他の車両の通行に危険を及ぼす可能性がある場合など、客の乗降を拒否できた筈だ。       それが客欲しさ故のどこでもタクシー乗り場状態は困りもの。  加えて、客の行き先に合わせて強引な車線変更をしたりで、廻りで運転している我々には迷惑千万。                  業界への規制緩和見直しで解決される問題とは思えないが、適正な競争も必要だ。その上でタクシー運転手の、運転マナー向上を 願いたい。

| | コメント (0)

2007年6月18日 (月)

これも限定モノ

これも限定モノ
ファミマだけの限定販売につられました。
味は先日のメロン炭酸飲料の勝ち!
それにしてもメロン味が目立つのは、夕張を支援しようとしている?

| | コメント (0)

2007年6月17日 (日)

ポイント

病院に行ってきた。病気をした訳ではなく、定期的な検査を受ける予約をしに。                                 久しぶりなので診察券を探すが見付からない。いよいよ無ければ 再発行して貰うしか無いか。ポイントを貯めていたのでもないし。

昨今、病院のサービスにも色々あるようで。              サービスとは違うが、患者を呼ぶのに患者様とか○○様とか   あの呼称にはいささか違和感を覚える。特段、医師が偉いとは   いわないが、それなりの敬意は払っているつもりだ。        まぁ、病院側からすれば生業を成り立たせる大切なお客様ではあろうが、案外あの呼称からは感謝の念は感じ取れない。そればかりか親近感を感じないのは致命的。                    医療の場には心のふれあいが一番必要ではないか?と、これは今どき的外れな考えなんだろうな・・・・・

で、病院にポイントサービスを導入するのはどうか?         支払った医療費に見合うポイントを発行して、現金と同様に使える ポイントサービス。                            病院内で医療費の支払いや、売店での買い物に使えるのは当然。病院外で営業している調剤薬局でも使えると便利です。      ポイントが貯まり過ぎて使いきれなかった場合は、病院と提携しているセレモニーホールでも使えます・・・・・

| | コメント (0)

2007年6月16日 (土)

元気に育て

1t18_2 5月下旬、巣を作り始めたツバメのヒナが3羽かえりました。                     白いクチバシを大きく開いてエサをねだっています。親たちはエサ運びに疲れたのか、巣が手狭なのか、そばにひっそり控えていました。

夜だし、寝る前にあまり食べちゃいけないからね。

| | コメント (0)

2007年6月14日 (木)

各地で入梅

毎年、桜の開花と入梅梅雨明けを気象庁が律儀に発表している。そこまでお上が親切にしてくれる必要を感じないのだが、そうした 権威あるお墨付きを必要とする生業の人たちが多いのも事実。  雨降りを期待する業界。晴天に喜ぶ業界。そうした業界にとって  宣言はウチデのコヅチなのですね。                  我らにとって生死を分ける大問題でもなし。気軽に聞き流すのが  よろしいかな?

| | コメント (0)

2007年6月13日 (水)

メロンぢゃ!

メロンぢゃ!
先日の梅サイダーに続いて、今日はメロン味の炭酸飲料です。
贅沢発砲を謳う割りに、プチプチ感は希薄。
それより果汁10%にしては濃厚なメロン味が◎

| | コメント (0)

2007年6月11日 (月)

クールビズ?それとも品位?

今年もクールビズが始まりました。                   政府のお偉方は、そろって沖縄の服装を着用していました。    とはいえ、いつもそれでいるわけにもいかず、背広を着用することが多いようです。

テレビニュースを見ると、国会議員のセンセイ方の、ノーネクタイで背広を着用した姿が目を付きます。しかし、この格好が極めて品位に欠けると感じているのは私だけ?                  ワイシャツは、本来ネクタイを着用するのを前提としているのでは  ありませんか? ワイシャツだけ着用ならまだしも、上着を着用しているからだらしなさが際立つのです。                 まぁ、センセイ方に品位を感じないのは服装の所為では無いかも知れませんが・・・

私と同じ考えかどうか定かではありませんが、衆議院の河野議長は本会議場でのネクタイ着用を義務付けているそうです。      ノーネクタイ姿は議員としての品位に欠けとか。その分、本会議場の冷房温度を25℃まで下げて暑さ対策をしているのです。  しかし、これには珍しく超党派で異論が出ていらしいですね。 確かに環境対策では問題があります。世間体を気になさっていらっしゃるセンセイ方。いっそ冷房温度は政府が推奨している28℃まで上げてみたら?                               きっと暑いもとい、熱い論戦を繰りひろげられますゾ!

| | コメント (0)

2007年6月10日 (日)

バスは難しい

何年ぶりかで路線バスに乗った。                    バスには乗り慣れていないので多少の緊張感を感じながら乗車。

まず、前乗りか後ろ乗りか?                       料金の支払いは乗車時か降車時か?整理券はいるのか?    料金はいくらか?                             料金ピッタリの小銭を持ち合わせていない場合、先に両替してから必要な料金を払うのか?それとも賢い両替機がつり銭を計算して 返してくれるのか?                            

そうそう!忘れちゃいけない。                      このバスは自分が行きたいバス停まで行くのか????   かくして小さからぬ不安を抱いて目的のバス停まで乗るのでした。

それで、この度乗ったバスの運転手(もちろんワンマンバス)が極めて無愛想で・・・・・                              とほほを通り過ぎオジサンは怒っているんだゾッ!!

| | コメント (0)

2007年6月 8日 (金)

こんな所に

                                                                  15t64hi06_3

                                                                    

この辺り、嘗ては里山ででもあったのか。               夜になると庭先に現れて餌を食べていくという。              画像を入れ替えました

| | コメント (8)

2007年6月 4日 (月)

みたび交通事故に思う

先日息子が起こした車の器物破損(交通事故)で、当方の車体には左側をほぼ7割に至って一本の深い傷が入り、左のドアミラーが落ちている。

さて、どう修理したものか。                        先ず某板金チェーン店で見積をとり、次にメーカーの正規ディーラーから見積をとった。そして、見積金額の差に驚いた。前者の金額は約22万円、後者は約32万円。                     板金チェーンは、ほぼ全てを板金修理し、ドアミラー周辺の修理  のみドアパネルを交換しなくてはならないかも知れないという。   しかし、ディーラーの修理方法は前後のドアパネルを交換するというもので、これは修理ではなく交換でしかない。そのくせドアの前後にあたる車体パネルは板金で直すという。これは一体どういうことか。ドアパネルなら交換し易く、車体パネルならそうはいかないので  板金修理する。そんな考え方がみえみえ。

世間では耐久消費財が故障した場合、修理より新品を買う方が  遥かに安上がりといった流れが定着している。しかし、車だったら どうか。家電品ならいざ知らず、車という高価なものを、軽い破損 なのに部材を丸ごと交換する考え方が受け入れられるだろうか。 車は、地球資源とか地球環境とか、そうした後世に負担を掛ける 商品であり、だからこそ資源や環境への負荷を和らげる対応が  必要ではないか。

板金チェーンで見積した担当者が言っていた。メーカーの工場では板金が出来ないから、修理が簡単な部材交換で対応します。   そうした考え方は今の時流には合わないのですが、と。      正にそうだと思う。修理金額の差でなく、意識の差で修理工場を  選択したのは云うまでもない。

| | コメント (0)

2007年6月 3日 (日)

いつの間に

いつの間に

街角で花開いて
もう直ぐ雨の季節

| | コメント (0)

2007年6月 2日 (土)

これはいいのか?

これはいいのか?

警告しながら、警告されているような。

| | コメント (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »