« のんびりと | トップページ | くらやみ祭り »

2007年5月 3日 (木)

トカゲの尻尾切り?

高校野球の特待生が問題になっています。             今年の大会に出場できない選手が出る恐れがあるようです。    この問題、何を今更と考える方は多いでしょう。            野球留学は公然の秘密で、有力校ほど全国から優秀選手が   集まる現実があり、そうした選手に特別優遇の措置を計る    高校があるのも承知の事実。

では、他の競技ではどうか。                      当然、特待生制度は存在する訳で、学費免除など当たり前の   現実があります。素質と実績に秀でた選手を獲得するためには、 高校や大学が優遇制度を設けているのが現実です。

では、なぜ高校野球だけが問題になるのか?            それは結局、プロ野球という市場と深いかかわりがあるからと  考えられます。古くから、アマチュア野球とプロ野球の間には   深い溝があったようです。                         しかし、現実はアマ選手はプロになることを最終目標にしており  ロアマの確執の狭間で翻弄されたのが現実ではないか。

プロ野球及びアマチュア野球連盟。とりわけ高野連の関係者は  こうした現実に目をつぶり、今、現役高校球児に己らの不手際を  押し付けようとしている。その結果、高校野球の大会に出場できる選手と、出場が叶わない選手が出ることになる。

かくなる上は、向こう3年間は選抜および選手権大会の開催を中止すべきではないか。                         常に高校野球は教育に一環だと公言してやまない高野連なら  高い見識で子供たちに不公平な負担を強いるべきではない    と考えるが如何に。

|

« のんびりと | トップページ | くらやみ祭り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« のんびりと | トップページ | くらやみ祭り »