« 交通事故に思う | トップページ | プチプチ »

2007年5月22日 (火)

納得できん!!

愛知県長久手町で起きた、発砲篭城事件。             大切な命が奪われた一方、その命を奪った犯人は、逮捕後の   取調べに対して身勝手な言い分ばかりらしい。

そもそも事件発生の前に、犯人の長男から警察に要請があったと いうではないか。父親に襲われそうになっている、といった内容  だったらしいが、どうして警察は対応しなかったのか。        いつもの事件にならなければ警察は介入できないなどと寝言をいっていたのだろうか。事件を未然に防いでこそ、警察の存在価値があるのではないか。事件が起きてからオットリ刀で出てくるのが警察の役割だったら警察なんていらない!!

今回の事件に対する現場での対応に疑問の声もあるようだが、  問題はもっと根本的な部分にあるのではないか?          そのために今回の事件が防げなく、痛ましい犠牲者を出したと   したら、市民は何を拠り所に安全を保障されるのだろうか。

|

« 交通事故に思う | トップページ | プチプチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 交通事故に思う | トップページ | プチプチ »