« そんなにしなくても | トップページ | もう!? »

2007年3月 6日 (火)

交差点で

仕事で、ある商店街の交差点を一時間ほど観察して、歩行者に    全意識が欠如しているのを目の当たりにしました。         その交差点があるのは、車道と歩道の区別が無い(路側帯だけは  あります)典型的な日本の道路で、車と歩行者が混ざり合って通行 しています。歩行者は、自分の安全は限りなく保証されている   つもりなのか、ロクに安全確認もせずに歩いています。       路側帯をはみ出して、車道を歩くのは道路が狭いのだから仕方ない部分はあるのですがね。

青信号で交差点を通過しようとしている車の前を、歩行者が平気で横断します。渋滞で車の流れが遅いから、といった言い訳は通用しません。車の通行が無ければ、歩行者信号が赤でも自己責任で 横断するのはいといません。しかし、あの行為は危険だし、仮に 轢かれても責任は歩行者自身が負うべきです。それでも実際には運転者にも責任を負わされるのです。

歩行者優先を完全に履き違えた歩き方です。あの人たちは車を  運転することはないのでしょうか?運転するとしたら、あんなに傍若無人な運転をするのでしょうか。自転車と歩行者のトラブルがあとを絶ちません。もっと他人を気遣った通行をしたいものですが・・・

|

« そんなにしなくても | トップページ | もう!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そんなにしなくても | トップページ | もう!? »