« アンタの所為かい? | トップページ | 酔えない »

2007年1月15日 (月)

自戒

局アナが著わした本を読み終わりました。               どこぞの局の、自分がアナウンサーかタレントかの区別がつかないような半端者と違い、この方のナレーションは、まさに正統派と呼ぶに相応しい品格を備えており、それでいて温かみがあり、私は以前からファンでした。

その本に書かれた内容は、やはり言葉についてが多く、さすが日々言葉と対峙している職業人ならではの眼力を感じました。     特に、現代の文章には、声を出して読むには向いていない文章が少なくない、との指摘が印象に残りました。その原因は、飾りが  多い文章だったり、リズム感に乏しい文章だったりして、区切りが 少なくダラダラ続く文章にあるといいます。つまり、呼吸しながら声を出すには不向きだというものです。

本来、朗読されることを前提として書かれた文章ではないので、 声に出して読み辛いのは仕方ないかも知れません。しかし、そうした文章は黙読でも読み辛いのではないでしょうか。          私は文章を綴る専門家ではありませんが、ブログを主催している者として心に留めておきたい言葉です。

|

« アンタの所為かい? | トップページ | 酔えない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/153377/4933060

この記事へのトラックバック一覧です: 自戒:

« アンタの所為かい? | トップページ | 酔えない »