« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月30日 (火)

春商戦

あっ、という間に正月晦日。                        世間では節分と恵方巻き、バレンタインと雛人形商戦たけなわ。  ランドセルや勉強机などの宣伝も目立ち始めました。        景気回復の実感には程遠いけれど、季節商品には強みが     あるということか。

| | コメント (0)

2007年1月29日 (月)

不具合

仕事で使う鞄を買った。                          鞄が空の時は問題が無かったのに                  荷物を入れたら不具合発覚。                      なんだかなぁ・・・

| | コメント (2)

2007年1月28日 (日)

初不動

64p024 近隣の初不動をのぞく。             初詣に勝るとも劣らない人出の中        稚児行列が人垣をかき分けるように練り歩く。

| | コメント (0)

2007年1月24日 (水)

B.B

B.B

思いがけず嬉しいものと出逢う。
解っかるかなぁ・・・

| | コメント (3)

底なし沼のような屈託が心の片隅に棲みついて           どのくらい経つか。

何をするにも億劫で                            いつ晴れるとも知れない心の闇を抱えているのは          心底しんどい。

| | コメント (0)

2007年1月21日 (日)

不完全燃焼

何十年ぶりにプラネタリウムの上映を観ました。           恐らく小学校で、理科か何かの関連授業として観たのが、     最初で最後の体験だったはず。                     常設の施設ではなく、期間限定のそれは、本来の天体を解説するプログラムと、企画もののプログラムを交互に上映する仕組みで、今回観たのは企画もの。天体の解説を期待していた訳ではない  ものの、正直なところ期待外れでした。                帰り際、もう一方のプログラムを観られる招待券を渡されましたが、2月末までの上映期間に再度訪れるかどうか。            プラネタリウムの主催会社が運営している、併設の食事処も    客あしらいが悪く、半日掛けての外出が無駄になった気分でした。

| | コメント (0)

2007年1月20日 (土)

○○○のちから

伏字シリーズ第2弾 (なんじゃそりゃ!?)                     英字名でターメリックと称される植物。                 この効能を利用した飲料が 数多く販売されていますが、      悪酔い予防効果は高いようです。                    昨夜は突然の接待になり、酒宴前に一本いっときました。

二日酔いに至らないまでも、深酒の翌日は、身体のどこかに   酒の痕跡が残りがちです。                        ウコンの力を借りると、不快な痕跡は全く感じられず、        爽やかな朝を迎えられます。                       そこまで呑まなきゃいいのに・・・                   は、至極まっとうな申されようです。

| | コメント (0)

2007年1月18日 (木)

デリケートなタッチ

思わせぶりなタイトルを付けると、ココログの新着記事一覧から   読まれる可能性が高くなるので、今日の表題にしました。     ただし、私の記事は殆んど新着記事一覧に留まらないので、   折角の苦心が水の泡になります。

書き込み時点での行替え位置と、実際にアップされた行替え   位置が一致しません。その結果、思わぬところで文章がブツ切り になる。それがココログの一番不便な点でありますが。       ともあれ、文章の段落は大切ですからね。そこで、ちょうど良い   行替えになるように何度も手を入れると、新着記事一覧から脱落 するのです。だから私の記事を読めるのは、予め私のブログを   知っている方だけです。

そうそう! デリケートな話しでしたね。

会社でノートパソコンを使い始めたら、自宅のノートパソコンと   Delキーの位置が違うのです。自宅のは右隅にDelキー。会社のは、そこから2つ左の角から3つめ。ブラインドタッチはしていないのに、そうした微妙なズレで戸惑います。

それから・・・・・・・Enterキーは、どうして右側にしか無いのだろう。ノートパソコンではマウスを使わない前提だから? でもマウスが 付いてくるノートパソコンは珍しくないでしょ。             右手でマウス、左手でEnterキーというのが便利だと思うけど。   Shiftキーが両側に有る限り、ノートパソコンでマウスを使うのは   認められないのかな?

マウスの話しが出たのでオマケ。                    私はカチカチ小気味よくクリックできるマウスが好きだけど、皆さんはどうでしょうね。スクロールボタンもメリハリがあるのが好きです。さて、今夜は本当にデリケートな話題だったかな? デリートな話題ではあったけれどネ。

| | コメント (0)

2007年1月17日 (水)

目黒の秋刀魚

さる方から鰻をいただいた。                           これまで、何度かお手伝いをした礼だと仰る。             それにしても四匹の立派な白焼きは、身にも、皿にも余った。

この鰻は素人でも分かる上物で、浜松の老舗に手配された様子。 しかし、送ってくださった方は浜松の住人に非ず。          早速メールでお礼を申し述べた。                     (ネット上の付き合いなので、ここはメールが正調と心得る)

曰く 「昔から、秋刀魚は目黒が一番だけれど            以後、鰻は○○が一番としましょう」と。                そうしたら、ここで思い切り外してしまいました。            送り主から返信が来て 「鰻は浜松から送りました○○の    ものではありません」ですと・・・                     どうやら、つまらんオヤジギャグを外した上に、            送り主のプライドをも傷付けたようです。

| | コメント (2)

ペロリ

あのマスコットが出している舌は                     世間を巧く欺いたとほくそ笑んでいる                  会社の本心が表れたものか。                      会社がペチャンコになっては洒落にもならない。

| | コメント (0)

10倍返し

訳の分からん事件が多い中、また不可解な事件。          わずか3歳の子を、横断歩道橋から投げ落とした男がいた。    これまでも問題を起こして、逮捕歴が複数あるという。        6メートルの高さから、子を投げ落とした罪は、10倍の高さから   下手人を投げ落とすことで決着をつけたくなる。

| | コメント (0)

2007年1月16日 (火)

酔えない

このところ、週はじめの月曜日は勤務先の社長からの誘いで   午前様が通例になってしまった。他にも会社を運営している    関係で、社内の情報収集と、意思の疎通を図ろうといった      狙いの酒席だ。                              昨年秋に、この会社に転職した当初は随分緊張しながらの    酒席だったけれど、最近はゆとりが出たのか余裕をもって      呑んでいる自分に気付く。                        あまり悪酔いしなくなったというところか。

本来、社内に問題が無ければ、こうした席は不要なのだろう    けれど、これも必要悪といったところか。酒量とは関係なく      胃が痛い毎日が続く。

| | コメント (4)

2007年1月15日 (月)

自戒

局アナが著わした本を読み終わりました。               どこぞの局の、自分がアナウンサーかタレントかの区別がつかないような半端者と違い、この方のナレーションは、まさに正統派と呼ぶに相応しい品格を備えており、それでいて温かみがあり、私は以前からファンでした。

その本に書かれた内容は、やはり言葉についてが多く、さすが日々言葉と対峙している職業人ならではの眼力を感じました。     特に、現代の文章には、声を出して読むには向いていない文章が少なくない、との指摘が印象に残りました。その原因は、飾りが  多い文章だったり、リズム感に乏しい文章だったりして、区切りが 少なくダラダラ続く文章にあるといいます。つまり、呼吸しながら声を出すには不向きだというものです。

本来、朗読されることを前提として書かれた文章ではないので、 声に出して読み辛いのは仕方ないかも知れません。しかし、そうした文章は黙読でも読み辛いのではないでしょうか。          私は文章を綴る専門家ではありませんが、ブログを主催している者として心に留めておきたい言葉です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

アンタの所為かい?

電車に乗ると、携帯電話のマナーを呼びかける車内放送が流れ ます。マナーモードに切り替えて、優先席付近では電源を切って くださいというものです。ミュージックプレーヤーの音量を抑える  呼びかけもあります。さも有りなん。乗客のマナーがなっとらん   のだから。

ところが、ホームに降り立つと事態は一変します。特に首都圏の  JR各駅では、およそ5m間隔で取り付けられたスピーカーから  暴力的な大音声が降り注ぎます。曰く                  デンシャが来るぞ!デンシャが来るぞ!アブナイ!アブナイ!サガレサガレ!!ドアが開くドアが開く。降りる客が先だ!順序守れ!降りたらサア乗れ。  ドアが閉まるゾ!身を引け、荷を引け!駈け込みするな。乗るな離れろ!電車が動くぞ。発車だ下がれ!線まで下がれ!離れて歩け。危ない!危ない!次の電車は前の駅だ。もうすぐ来るぞ!下がって待ってろ。電車が来るぞ!!!!

いやはや。一体誰の為の、何の為の構内放送なのか。       ついつい音楽を聴く音量を上げてしまうしのが分からんでもない。 それより何より、電話は静かな車内でかけるよなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

100人に1人

今年の新成人が、全人口に占める割合は1.09%だとか。     これは1996年生まれの丙午が成人した人数より少ない。     時代が違うとはいえ、この傾向は今後ますます顕著になりそう。

| | コメント (0)

2007年1月 6日 (土)

荒れる

成人の日が法律によって1月15日でなくなって何年が経ちますか。女の子にとって七五三と結婚式に挟まれた成人式は、晴れ着を  着る三大行事といってよいでしょう。                   かつて1月15日は天気が荒れる特異日でしたが、日にちが    移行しても荒れた天気に成りがちなのはなぜなのか。       単純に天候が荒れる時期なのでしょうが、晴れ着で出かける本人には迷惑このうえない。

天候同様、成人式が荒れるようになってからも久しくなりました。  式がぶち壊したくなるほど気に入らないなら、出席しなければ   よいだけ。それをわざわざ出席して騒ぎ立てるのはなにゆえ?   未成熟な成人。いやいや、それは彼らだけではなく、とうに大人になった連中にもいえること。

成人を18歳からとする検討がなされているとか。           18歳になれば責任や義務を充分に果たせるからより、罰則を   前提としているところが情けないところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

まだ松の内

2007年の仕事がそろりと始動して、朝のターミナル駅は     いつもと変わりなく人々が慌ただしく流れていました。        今どき、仕事始めに和服で出勤するのは証券取引所くらいか。  それも取材対策だったりするから情けない。

この三が日、年を追って世間から正月らしさが薄れたのはなぜか。そんな事を漠然と考えていたら、昔ほど年越しが難儀でなくなった事実があるのではないか。そこに思いが至った。          難なく年を越せるから、正月を迎えるありがたみが薄れる。     それではないのかと。

それが善いのか悪いのか。                       まだまだ容易に年を越せない人々は少なくないだろうから、    諸手を挙げて喜べないにしても、中庸をよしとする考え方も     必要かと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

年賀状

今年も年賀状をいただきました。                    この何年か儀礼的な送り先は排除したので、心から賀詞を     交わせる方たちの年賀状ばかり。ほとんどの方とは会う機会が  ないものの、元気な様子がうかがえて安堵する。

年賀状に家族の写真を使わなくなって、どのくらい経つだろう。   結婚して初めて出した年賀状は、家庭用の簡易印刷機で手作り  しました。二人の子供が産まれる度に、初めて出す年賀状には  子供たちの写真を使った記憶があります。その頃、写真を使った  年賀状は専門業者に依頼していましたが、今は自宅で気軽に   作れるので便利になりました。

いまだにパソコンで作った年賀状は味気ないといわれます。  私は断然パソコン派なので味気ないと思われているのか?    本人は精一杯気持ちを込めているつもりですが・・・         コメントも一人ひとり考えているものの、それでもパソコンで     打ち込むと同一のコメントに見られるのでしょうか。

この時期になると必ず新聞に入って来るチラシに、毛筆やペン習字の通信学習の案内があります。今日も早速入っていました。    確かに心を動かされる時期ではありますが、毎年ウヤムヤに    済ませて年末には後悔する愚行を繰り返しています。       多分、今年も・・・

| | コメント (0)

2007年1月 3日 (水)

屠蘇気分

屠蘇気分

下戸の家庭で過ごす正月ほど呑み助に辛いものはない
早く帰宅して正月をやり直しだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

明けましておめでとうございます

また新しい年を迎えました。

拙い私のブログに立ち寄っていただく皆様には心から感謝     申し上げます。

本年も付かず離れずでお付き合いいただければ幸いです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »