« 不覚 | トップページ | 便利で安心 »

2006年12月11日 (月)

クルマ

通勤は電車、休日の外出も電車。そんな状態だと自宅の車に   乗る機会はめっきり減ります。元々年間4,000kmから5,000kmしか 乗らなかったのに、今年は例年より更に減っているでしょう。

都会では、車を所有しない若い夫婦が増えつつあると聞きました。乗る機会が少ない車に、税金や保険を掛けるのが無駄と考える  ようです。                                  しかし、公共交通機関が整備されていない地方都市などでは、  車は相変わらず個人の必需品です。福祉を巡る政策が後退して、高齢化社会になると自家用車の必要性はむしろ高まると考えられます。

地球環境やエネルギー問題から考えると、車社会は歓迎され難い側面を持ちます。この先、車とどうやって折り合いをつけるか、   これは一企業の課題ではありません。

|

« 不覚 | トップページ | 便利で安心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/153377/4499571

この記事へのトラックバック一覧です: クルマ:

« 不覚 | トップページ | 便利で安心 »