« 秋バラと旧古河庭園 | トップページ | 乗り遅れ »

2006年10月22日 (日)

深まる秋

夕方から久しぶりの雨。                          朝晩の気温が下がり、これからは一雨ごとに秋が深まります。

この時期、仕事に向う電車の窓から朱く色づいた柿の実を見つけ ひととき気持ちを和ませています。街路樹の銀杏が葉を落とす頃、あの柿の木は2~3個の実を残すだけになっているでしょう。

Tr15p097

いずこも都市化が進んで季節感が無くなったといわれますが、目を凝らせばまだまだ四季の 営みを感じる余地は残されているはず。    それを感じられるかどうかは心がけ次第では  ないでしょうか。                              目で、耳で、肌で・・・                           私達の五感はそれほど退化していないと信じたいものです。

|

« 秋バラと旧古河庭園 | トップページ | 乗り遅れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/153377/3920626

この記事へのトラックバック一覧です: 深まる秋:

« 秋バラと旧古河庭園 | トップページ | 乗り遅れ »