« どぜう | トップページ | お見逸れしました »

2006年10月10日 (火)

冷静に

北朝鮮が核実験成功に成功した報道には戦慄しました。核実験  発表に接して、いま私達に求められるのは冷静な行動以外にありません。核実験は今回の1度限りとは言い切れず、繰り返し核実験が繰り返される可能性はあります。その不安から我々がパニックに陥ると、それは北朝鮮の思うツボでしょう。

実験内容の分析を各国で行っており、科学的な影響は順次明らかになるでしょう。実験の規模や放射能による影響は早急に解明されるよう望みます。加えて、一部で疑問視されている「本当に核実験だったのか」や、「核実験としては成功だったのか失敗だったのか」の検討も望むところです。

政治的な分析も進む中、短絡的な対応は北朝鮮が最も望むところで、そうした策略に踊らされてはいけない。北朝鮮と対立軸の極にある国々には制裁措置を含む断固とした対応が望まれますが、制裁の実施時期などは慎重を極めてもらいたい。これまで融和あるいは擁護政策をとってきた国々には、自国の国益や国情の延長線上に北朝鮮を置くのではなく、地球規模の判断基準で迅速な対応を期待したい。

ミサイルと核という、大きなカードを切った北朝鮮には、今後、柔軟路線でのアプローチは不可能でしょう。何らかの形で制裁は必要ですが、罰を与えるのではなく、好き勝手が出来ない環境をつくることが重要ではないでしょうか。その意味で、経済制裁は確実に北朝鮮を追い込む有効な手段と考えられます。核兵器に限らずあらゆる兵器の輸出入を不可能にする。噂に成っている覚醒剤等の輸出を食い止める。本来の目的で使われていないという人道支援物資の供給停止。人的にも物的にも、北朝鮮と周辺諸国との不要な行き来は停止。

制裁の強化は、そのまま北朝鮮の孤立を招くので充分な検討が必要と考えられます。すでに会話が成立し難い状況ではありますが、くれぐれも状況判断を誤らないで貰いたいものです。

|

« どぜう | トップページ | お見逸れしました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/153377/3753729

この記事へのトラックバック一覧です: 冷静に:

« どぜう | トップページ | お見逸れしました »