« 乗り遅れ | トップページ | 朝焼け »

2006年10月29日 (日)

教育の現場で

イジメに苦しみぬいて自ら命を絶った子供達の胸中はどんなものだったか。安易にその気持ちを推測できません。            イジメ問題で驚きより怒りを覚えるのは、イジメの端緒を開いたのが教師だったことです。彼らはどんな志を抱いて教師になったのか。 人を導く、私にとって畏れすら感じる行為です。教育現場が荒廃し真面目に授業を受ける生徒が居ないなどと云われますが、それでも多くの場合、教室内における教師の存在は絶大です。       尋常な神経を持ち合わせていない人間が教師になる。       恐ろしいことです。

教育の専門家が教えるべき教科を無視して、受験対策を優先した効率履修に走る。卒業に必要な単位を取得出来ていない生徒は どうなる?                                  これは学校側の確信を以って犯した罪です。根底には受験に必要な教科を履修させるためには、例え必修科目でもカリキュラムに  組み込まない実態があるようです。

救済措置を求める生徒や保護者の主張は切実です。それを後押しする政治家の発言も容認できます。対する文部科学省はあくまでも必修科目の完全履修を主張しています。ここで本来の方針を曲げたら教育行政の根幹が揺らぐからだと。                 日の丸を尊ばず、「君が代」を歌わない教師を処分させてきた経緯にも大きな齟齬を生じるからだと解説するむきもありました。

学校って何でしょう?                           教育って何でしょう?

|

« 乗り遅れ | トップページ | 朝焼け »

コメント

イジメ自殺のニュースなど、もう慣れっこになってる自分が怖いです。受験を優先させるために、必修科目を履修させないなんて、本末転倒も良いとこ・・・受験勉強さえしたらそれで良いかと言うと、そんな事は決して無い筈。
何のための高校なのか、良く考えて欲しいです。
試験をする大学側も受験について考え直す時が来ているのかも知れません。
教育者がズルして世間を渡っていくような生き方を、推奨する世の中になってしまったのかと思うと、情けない気持ちでいっぱいです。

投稿: はなまるちゃん | 2006年10月29日 (日) 18時11分

日本丸という船は完全に航路から外れてしまいましたね。
社会の常識、マナー、教育、文化、道徳、人格、摂理、人間性
皆捨ててしまって路頭に迷い、要領のいい、ずる賢い人たちが
蔓延ってしまった社会。すべてがずれてしまっているようですね
教育には、共育”が必要なのでしょうか?

投稿: じるべーる | 2006年10月29日 (日) 22時22分

学校教育が全てではないにしても、今から教育を改めて
改革の効果が出るのは何年先になりますか。
問題は教育に限らず、社会構造全般に渡ると思います。
人としてどうあるべきか、根本から考え直す必要がありますね。

投稿: kattu | 2006年10月30日 (月) 04時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乗り遅れ | トップページ | 朝焼け »