2021年2月11日 (木)

森会長、そっちじゃないんだ!!

東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会を統べる
森喜朗開会長の発言が世界的に物議を醸しています。
社会への女性参画促進に婀娜なす発言が瞬時に
悪事千里を走る とばかり地球上を覆りました。
何といっても昨今のネット社会の拡散の恐ろしさを痛感。

これまでも、日本の政治家は反社会的発言について
に包まれるごとく 失言(または放言) として護られてきた。
しかして、その実態は日頃から抱える 本音 他ならない。
政治家 は腹に抱えた本音を語らずにはいられないらしい。

今回の森会長の発言が問題視された背景には、
女性蔑視の忌まわしい思想を嗅ぎとったからであり、
性差を越えた考え方が拡がる世情に逆行する故のこと。
しかし、森会長の発言が全世界から非難されようと
恐らく、その首に鈴を付けられないだろうとの予測がある。

そもそも2020年東京大会招致に漕ぎつけた最大の功労者は
あの滝川クリステル嬢(当時)ではなく
森喜朗氏であったという。
その太い人脈と、卓越した調整力なくして東京2020はないと。
2019年に日本中が盛り上がったラグビーワールドカップも
森氏の人脈と調整力なしには実現しなかったという。
いつの頃からか五輪は金と利権を漁る漁場になっていて
それらを絶妙な塩梅で調整していく手腕と
世界に張り巡らされた人脈に敵う日本人は居ないらしい。
それ故に わきまえた男たち は無言を貫く.
こうした構図がある以上、森会長の首は安泰といえる。

ところが、ここへ来て情勢が大きく変化している。
元々、野党は森会長の辞任を要求してきたが
与党・自民党からも辞任を求める声が上がっている。
IOC のバッハ会長に至っては
森会長が前言を撤回し謝罪した時点で事態の終息を宣言した。
それでも海外メディアや政府機関からの批判が止まず、
オリンピックの理念に真っ向対立する森発言への
非難が高まりをみせるなり、コロッと手の平を返し
森発言への批判に転じた。
こうしたバッハ会長の豹変に対し、海外からの批判が殺到する。
バッハじゃないの!?

2020 オリンピック・パラリンピックのスポンサーからも
森発言への批判が噴出している。
こちらは世界の目を意識した自己保身の影が透けてもいるが。
JOC の山下会長もまた重い口を開き、森発言の不適切を指摘。
既に内堀も外堀も埋められた感があるが・・・


しかし、私が問題視しているのは女性蔑視発言の以前の
森会長の発言であります。
東京オリンピック・パラリンピック開催への強い意欲がそれ。
私たちはコロナがどういう形であろうと、
必ずやる!

やるか、やらないか、という論議でなく、
どうやるか!


これは既に末期的症状の発言であります。
昨年延期された2020年東京オリンピック・パラリンピックは
我が国のスポーツ大会である 国民体育大会 ではないのだ。
あくまでも国内大会であれば、その国の安全基準に則り
スポーツ大会を催せばよい。
2020年に東京に集う IOC に加盟する国と地域は 206 ある。
今、206に国と地域でのコロナ感染状況は如何なるものか?
どれほど感染収束に向かっているのか?

ここに日本国内と海外の現状や認識に大きな温度差がある。
その温度差が森発言への急先鋒に変じていると考えるべきだ。
大会組織委員会、日本政府、東京都は
地球上のコロナ感染の現状と真摯に向き合い
最善の結論を見出す時が訪れている。
例え、その結論が選手にとって過酷なものであっても
避けて通れない道を踏み外してはならない。

| | コメント (0)

2021年1月24日 (日)

5,000人超

新型コロナウイルスに感染して亡くなった人の数が
2週間で一千人増え、23日時点で5,077人となった。
第3波の感染拡大や、変異種のコロナウイルスによるのが
原因のようです。
しかし、緊急事態宣言が再発出されたにも関わらず
危機感や警戒心は前回の宣言時より薄れているようです。

「不要不急の外出は控えて」との呼び掛けにも反応は弱い。
既に医療の現場は崩壊状態で、コロナ感染者だけでなく
既往症の患者への医療行為にも支障をきたしているという。
コロナ感染者で自宅待機を余儀なくされている中で
亡くなる方が増えているともいいます。

そのような状況にありながら、コロナ関連の法律を改め
入院を拒否する感染者に罰則を設ける政治判断が為された。
強制的に入院させようとする政策だが、この上、
入院患者が増えると医療の現場はどうなるのか!?
入院を希望する感染者全てを医療機関に収容できるのか!?

また内閣支持率が下がりそうだが、
私たちに出来るのは政府をアテにするより
「感染しない、感染させない」を徹底するしかない。
政府や自治体を頼れないなら、私たちが自衛するしか道は無い。

まだ当分の間、やりきれない日々が続くようだ。

| | コメント (0)

2021年1月 4日 (月)

初詣は氏神様から

コロナウイルスが世界の情景を一変させました。
日本の正月の風物詩であり、愉しみでもある初詣も然り。
何しろ有名寺社への初詣は、コロナで最も避けたい密の極み。
迎える側は年末から分散しての初詣を呼びかけ、
年末から初詣期間として受け入れを万全にした寺社もありました。
人々の自粛も行き届いて大きな混乱は無かったようです。

元旦の午後、プラッとカメラを携えて近所を散歩しましたら
最寄りの神社に表題の看板を見かけました。
この時期、不用意に人と接しないのが寛容な判断ですね。

3c13x49y84_mg_9759
冬の低い陽射しが醸し出す陰影が好きです。

7c96x126y150t84_mg_9761
参拝しての帰り、近所の方か御婦人と擦れ違いました。
日頃から人の姿を見かけない神社とはいえ
正月にはチト寂しい光景ではあります。


5c216x174y84_mg_9764
こちらは道路を渡ってお寺を訪れました。
ここが運営する幼稚園には二人の我が子がお世話になりました。
当時の園長先生は御年94歳」とか! 御長命でなによりです。

5c53x83y229x214y72_mg_9769
地元で七福神巡りを催しており。ことらには恵比寿天がおわす。
寺で神様とはコレ如何に!?
日本的な宗教観というか? 単なる風習か?
まぁ、かたいこと言わずに正月ですから・・・

7c222x200y150t84_mg_9776
この寺や、七福神巡りの朱印を頂きにみえた人が散見されるも
なお静謐な刻が流れる境内でした。

| | コメント (0)

2021年1月 3日 (日)

新年明けてめでたいのかなぁ・・・

昨年年明け、今日地球を覆うの惨状は予想もできなかた。
中国の武漢で感染症が流行しているニュースに接しても
どこか対岸の火事として傍観していました。

正直なところ事の重大さに気付いたのは
志村けんさんが感染して、日を置かずに亡くなったときです。
重症になっても肉親は面会できず、お別れもできない現実に
愕然としたのは私だけではないでしょう。
次いで岡江久美子さんが亡くなったときも、ご自宅の玄関前に
遺骨を置かれた様子を見て、厳しさを思い知らされました。

私事では昨年5月に亡母の一周忌があったのですが
緊急事態宣言が出される前に帰省を見送りを決断。
たった今亡くなった肉親とのお別れが出来ないことと比べ
まだ不要不急ではなのか、と諦めるしかありません。
昨年12月には感染拡大の第3波といわれる感染拡大で
東京都内の一日の新しい感染者が1300人を越えてしまい
全国的に憂うべき事態となってしまいました。
そして変異ウイルスが検出され、新たな脅威が襲いかかった。

このようなことは今更書き連ねる必要もなく、既にご承知のこと。
誰もが感染予防に心をくだき、細心の注意をしていると信じたい。
しかし、感染者数は増大の一途だし、
海外で検出された変異種に帰国した日本人感染者が確認された。
医療の現場は既に限界を超えてるそうだ。
コロナに感染しない、感染させない。
医療従事者には感謝している。
これらの掛け声の何と虚しいことか?

どれほど注意していてもウイルス感染を阻止しえないのか?
誰か感染対策を怠る者が居るのか?
そのどちらもあり得るという疑心。
その疑心優枝、私たちの心に隙が生じるのは否めない。
ワクチンが有効性を発揮するまで必要とされる時はどれほどか?
いつまで我慢を強いられるのか?
政治や行政は確固たる対策を施せるのか?
まだまだ暗中模索の日々を余儀なくされるようだ。

| | コメント (0)

2020年12月14日 (月)

初梅花

甚だ陳腐と言わざるを得ない表現をすれば
激動の とか 人類未曾有の などと言わしめる今年。
徳川幕府の下や、維新を経た近代日本であればまだしも
これほど科学や医学が発達した今日において
感染症におののき、なすすべを失ったかと思える日々。
いわんや地球規模に於いても然り。

師走もほぼ半ば、穏やかに降り注ぐ初冬の陽射しに
例年のこと真っ先に花を見せる河津桜の枯れ葉が
澄んだ冬空を背景に印象的。
5c189x200y150t84_mg_9726

そんな秋の名残を横目に行けば梅が開花しているではないか!
9c191x202y150t84_mg_9743

いつもの年なら
正月三が日の頃に開花する早咲きの梅ではあるが・・・
9c182x206y150t84_mg_9731

9c188x212y150t84_mg_9739
当然のこと、蕾みの数が遥かに多く見られる。

それでも目ざとくメシロが花の蜜を求めて飛来していた。
7c77x93y150t84_mg_9735

5c185x212y151t84_mg_9736
季節の移ろいに律義な植物にして
刻を読み違えるほど自然の摂理に綻びが生じているか?

| | コメント (0)

2020年12月10日 (木)

赤い鳥居と緑の銀杏 ~11月22日~

11月16日の当ブログで
ご近所の氏神さまの大きな銀杏の木を紹介しました。
この銀杏の御神木の全体が黄色く色づいた様を見たのは
かれこれ10年も前のことでしたか?
偶々通りかかって横目で見た姿が印象的で
後ほど改めて訪れカメラに納めました。

日本に春の訪れを告げるのが南からもたらされる桜前線なら
秋の訪れと、その後に控える冬への覚悟を促すのは
北から南下する紅葉前線といえましょう。
東京都内の場合、都心より郊外の方が紅葉は早く進むだろう、と
件の御神木を訪れましたところ・・・

前回から一週間。
未だ御神木は緑の葉を繁らせております。
7c218x194y150t72_mg_9596

7c221x198y84_mg_9605

9c221x195y84_mg_9602
裾の葉が僅かに黄色く色づいていますか?

7c207x185y84_mg_9598
全ての葉が黄色に変わるには暫しの刻を擁するようです。

| | コメント (0)

2020年11月27日 (金)

お酉さま

日付が替わって26日は酉の市でした。
例年11月暦の酉の日に開かれる市で、
平素は一の酉から二の酉までだが、今年は三の酉まで。
11月下旬となれば寒さが厳しいのですが
昨夜はさほどの寒さは感じませなんだ。

4c228x204y84img_2803

お酉さま(酉の市)は関東では馴染みの行事なれど
その他の地域では馴染みが無いかもしれません。
大阪では今宮戎の十日戎が、これにあたりますかね?

7c194x175y84img_2797

鷲神社で開運や商売繁盛を願って縁起物(御守)の熊手を
授かるのが本来の形であろう。
神社で授かる御守は小さい熊手に初穂が添えられてもの。
それが大きな熊手に鶴亀やおかめ、打出の小槌に小判など
商売繁盛に繋がる縁起物を飾って売られる。
縁起を担いで、年々大きくして購入するのも愉しみだ。

5c199x56y84img_2785

5c222x171y84img_2790

昨夜寄ったのは帰宅途中の東京・府中市にある大國魂神社。
嘗ては熊手を売る露店が参道に犇めいていたものだが
近年は僅か4~5軒の出店と寂しい状況が続いたいる。
それでも祭りを盛り上げる露店が立ち並んで賑わていた。
しかし、今年はコロナウイルスの所為だろう
露店が1軒も見られなかった。

7c214x161y84img_2793

9c42x56y84img_2782

ここにきてコロナ感染者が増大し
政府や自治体が感染抑制の施策を施すにつけ
街の飲食業者から悲鳴が聞こえるが
彼らより弱い立場の人々の嘆きは届いてこない。
縁起物の熊手でコロナウイルスを掻き込むのは御免だが
弱い立場の人々に僅かながらでも潤いがもたらされたら
と、あの淋しい参道を歩いて思った。

| | コメント (0)

2020年11月26日 (木)

11月15日 ~恵比寿~

この日の早朝、近所の氏神様にご神木か?
鳥居に寄り添う銀杏の紅葉した具合を見に行った。
結果は未だときを得ず、緑の葉を茂らせていました。

その後、都心に出て築地から東銀座そして銀座へと
晴海通りを歩いた。
そこで帰ろうかと考えたが、折角ここまで来たのだから
地下鉄一本で行ける恵比寿まで行こうと決断。
恵比寿といえば年末年始恒例のシャンデリア。
恵比寿ガーデンプレイしです。

8c211x177y72_mg_9444

8c62x56y84_mg_9451
エビスビールの工場跡地を再開発した「複合都市」です。

今年のイルミネーションはコロナウイルスの影響で
一部縮小されたようですが、
売り物ノバカラ社の豪奢なシャンデリアは
いつもの煌めきを放っていました。
違っていたのはシャンデリアがあるセンターコートに降りる
坂上に設置されていた大きなクリスマスツリーが無く
小振りのツリー2基に変更されていた点ですかね。

7c182x199y72_mg_9464

13c147x171y84_mg_9459

7c192x227y72_mg_9569

7c66x86y84_mg_9570

13c154x177y72_mg_9579

シャンデリアは後日アップします。

| | コメント (0)

2020年11月25日 (水)

別にぃ構わんけどG醜態

プロ野球2020年日本シリーズは

福岡ホークスが4連勝で日本一になったようです。

これで東京ジャイアンツは昨年の4連敗に続き

福岡ホークスには8連敗の醜態を晒しました。

傷口に塩を塗り込むようですが
2013年の東北イーグルスとの第7戦から数えると
日本シリーズ9連敗なのだそうですね。

嘗て東京ジャイアンツは、その黄金時代に
日本シリーズ9連覇の偉業を達しました。
この9連敗は、今後更新するチームがあるか?という意味で
日本シリーズ9連覇の偉業に決して劣らない内容です。

こうなると監督懐妊もとい解任が俎上にのぼるでしょう。
球団名誉監督が放逐された過去を鑑み当然の帰結です。
現監督は原辰徳氏ですが
Gファンからすれば 腹立つノリ だわねぇ・・・

| | コメント (0)

2020年11月24日 (火)

五輪、紅白、大相撲。

いま五輪を開催する意義は?
国内外の五輪関係者は、今年開催を延期した東京大会を
来年は是が非でも開催したい。
と主張しているが、果たして正論だろうか?

過日、体操界の内村航平選手が
東京五輪開催に積極的な取り組みを願う訴えをした。
永年、五輪出場を夢見て精進してきた競技者にしてみれば
東京開催に関わらず、五輪出場は半人生を掛けた大事であろう。

が、しかし。
視点を地球規模に拡げたとき、ガラパゴス的発想でしかない。
すでに1300万人以上のコロナ感染者が亡くなている現状。
その根底には医療や防疫の態勢が整っていない地域がある。
世界がコロナに勝利した証しとして東京五輪を開催する。
安倍前総理は豪語し、引き継いだ政権も追認している。
もしも日本国内でコロナを制圧できたとして、
地球規模で受け入れられる理屈だろうか?
日本がコロナに勝利した証しとして東京五輪を開催する。
といった主張が地球規模で受け入れられるのだろうか?

国際五輪委員会(IOC)のバッハ会長にして
一年開催が延期された東京大会の開催を推進している。
それはそうだ。
今や五輪は競技者にとって最高の競技会ではなくなった。
スポンサーやテレビ放映権を牛耳る利益尊重主の草刈り場だ。
まかり間違っても、五輪開催断念はありえない。
開催中止となれば、スポンサーから多額の違約金を請求され
放送権料は入らなくなる。
まさに商業主義に侵されたスポーツの祭典の末路である。

大相撲は年6場所必要が妥当か?
今やスポーツは商業主義に絡めとられたのが現状のようだ。
日本の国技を標榜する大相撲もまた例外ではないだろう。
偶々のこと、元首相や新聞の投稿に
年間の大相撲開催場所が多いのではないか?との発言を見た。
私もそう思う。
現状は一年6場所だが、毎月開催されているような印象がある。
相撲ファンなら知らず、世間は年6場所開催を待ち望んでいるか?

今年、怪我で番付を落としながら復活した力士の活躍が目立つ。
その背景には本人の不屈の精神力があるが
その精神力を補佐する医療の発達が見逃せないという。
以前なら治る見込みがない怪我も直せるというのだ。
力士の怪我の原因に稽古不足があるらしい。
一方で、一度怪我をして十分に療養できない現状もあろう。

日本相撲協会にとって力士は金箱だ。
いたずらに営利主義に走ることなく、金箱を大事にすれば
白熱した本場所を観ることができよう。
相撲の素人は、体のアチコチにサポーターを着けた力士より
綺麗な体で激突する力士同士の相撲を観たい。
相撲界に働き方改革を望んでも詮無いことと思うが
本場所や、その間に開催される地方巡業を減らすことが
結果、相撲界の繁栄に繋がらないかと愚考する。
真相を知る由もないが、直ぐ休場する力士にも責はあろうが。

NHKは紅白やめたら?
NHKの看板番組である、大晦日のNHK紅白歌合戦は
視聴率の低迷を止められないようだ。
視聴率を気にせず番組製作できるNHKならでは。
何が何でも続ける意思は強固なようだ。
視聴率の低迷に歯止めをかけるべく
様々なテコ入れをしているが、その効果は認められない。

若い世代に支持されている歌手やグループを出場させるのも
足掻きの一端であろう。
平素、若い世代向けの番組造りを心掛けているようだが
果たして狙いは効果を発しているのだろうか?
テレビ離れが叫ばれて久しいが、今どき若い世代は
どれほどテレビを観るのか?

何より若い世代はNHKに受信料を払っているのか?
受信料収入で運営されるNHKが第一に重視すべきは
永年に渡り受信料を払う視聴者であるべきだ。
そうした視聴者の意思を反映した紅白であるか?

一方で高飛車に受信料の支払いを求めるのであれば
受信料を払った視聴者に限って紅白を配信するべきだ。
ならば、そうした視聴者におもねった番組製作がなされ
視聴率も跳ね上がろう。
今や全世代に向けた番組配信は意味がない。

一年間受信料を払い続けた視聴者に向けた紅白を配信し
視聴率が低ければ、その時こそ紅白をやめる契機となろう。

| | コメント (0)

«11月15日 ~銀座四丁目~