夏をあきらめて♪ 手の平返し♬

我が国と、首都を統べる二人のことである。
東京五輪を既定の日程で開催したくて、したくて!
かの重大な問題には極力発言しないよう心掛けていたが
IOCから、東京五輪の開催延期を通告をされるいなや、
新型コレラウィルスに首都東京が危機的状況に陥っている。
と、25日夜に緊急記者会見で都知事が発したメッセージに
都民は敏感に反応し、同夜のスーパーマーケットは
買い占めに走る客で混乱し、
その混乱は翌26日にも引き継がれた。

日本国内の同ウィルス感染者が、海外諸国の感染者数と比べ
極端に少ない点が、海外から疑惑の目を向けられている。
曰く、検査数を少なくし、感染者数を不当に少なくしている。
というのが疑惑の趣旨である。
25日の都知事の記者会見で、一日に41人の感染者が出た故
非常事態宣言の一歩手前であるかのような都知事発言は
海外からの疑惑を裏付ける皮肉な結果になった。
以降、都内の感染者の数は日ごとに増え続けている。

都知事の悪癖として、カタガナ言葉を多用することで
都民に混乱を引き起こしている。
カタカナ言葉のみの発言で、重要な局面を説明していない。
政治家や自治体の首長なら、
その統べる人たちが理解可能な言葉で理解を求める義務がある。
ロックダウンという言葉で都民は何を想起するだろうか?
海外で施行された外出禁止を思い描いても不思議ではない。

都知事は都民に28、29の両日は
不要不急の外出を控えるように要請をしたのはよかろう。
その一方で、できるだけ自宅で仕事をしてほしい
という訴えは如何なものか?
その文脈をどう解釈しても、都民個人に語り掛けている。
個人が私は明日から自宅で仕事をしますと宣言して
認められる職場環境がありうるか!?
事前に企業や諸団体に自宅勤務ができる環境整備を願うのが
真っ先に行うべきではなかろうか?

首相にしたところで、今更に腰を上げた感触は否めない。
諸外国の状況を鑑みれば
水面下で感染拡大への対応策を模索していて然るべきである。
その会見では、あたかも以前から危機的状況を把握ていた
と思わせる発言をしながら
これから対応策を検討する旨の発言をしているが
誠に悠長な話しだ。
国民の生命や財産を護る責務は何処に置き去りにされたか!?
今更、新型コレラウィルスとは長い闘いになるとは噴飯ものだ!
それほど先を見通せない人物が一国の首相たりえるのか!?

世界中に共通であるが、私たちの生活は日々圧迫されている。
経済が疲弊し、弱い立場の経営が立ち行かなくなっている。
外出自粛で、販売業や飲食業に客が出向かなくなる。
結果、職を失う人たちが増大する。
文化・芸術・芸能・スポーツの世界でも同様の問題を抱える。

政治が最初の見極めを誤り、初動を立ち遅れたツケが
いま取返しのつかない重大な局面に向かいつつある。

| | コメント (0)

2020年3月 2日 (月)

健康人はマスクを着用するな!

地球規模で人々を震撼させている新型コロナウィルス。
日常生活に限らず、経済や文化スポーツの分野に及び
大きな混乱を招いているのは諸氏ご承知の通り。
我が国へのウィルス侵入防止、所謂水際対応に失敗した政府が
悪足掻きともいえる意味のない政策が混乱を深めている。

先に召集された専門家会議において、滔々と発言する首相の
姿がニュース映像で流れていた。
門外漢の首相が何を論ずるのか?
学校を休校させるとか、マスクを大量に確保するとか。
かえって国内の人心に混乱をきたす対応ばかりが目につく。

今回の新型ウィルスへの対応の限らず、感染症の予防について
専門家はマスクの有用性に疑問を投げかけていた。
マスクの着用では感染を予防できないというのだ。
ウィルスは花粉と比べると遥かに小さい粒子なので
僅かな隙間からでも体内に侵入すると説く。
適正なサイズでなかったり、着用が適切でなかったりすると
マスクを着用する効果は殆ど期待できない。

周囲でマスクを着用している人を注視すると
頬に山形の隙間が出来て、口元まで見えている人は多い。
まして口だけ覆って鼻を露出させているなど論外。

マスクの効用は、
咳やクシャミで飛沫を拡散させないために着用すべきで
飛沫から自分を守る効用はないといわれている。

時あたかも、世界保健機関(WHO)は
健康な人はマスクを着用しないよう呼びかけた。
着用の必要性が無いにも関わらず着用すると
本来必要とされる医療従事者や、疾病を抱える人々に
行き渡らない事態を引き起こす。
感染症の予防には正しい手洗いを励行するよう説く。

無策な政府(安倍首相)が混乱を招く方針を示すので
世間での混乱は一層増し、買い占めに走る庶民が増えている。
不用意に学校を全面休校にするより、感染した人を隔離して
拡散を防止する施設の設置こそ第一にとられるべきではないか?
感染をしたか否かを検査する体制にも不備があるようだ。

併せて我々も流言飛語に惑わされることなく
冷静に日々を過ごすことが求められる。
油断は禁物だが、根拠のない混乱に陥ることは厳に慎みたい。
恐らく、今回の事態は長い期間に及ぶと考えるべきだ。
ゆるぎなく、根気強い対応が求められるだろう。

| | コメント (0)

2020年2月27日 (木)

マニュアルミッション車との惜別

家人と連れ添った年月には及ばないが
今や家人より離れがたい愛車とは23年の付き合いになる。
この愛車を生涯の盟友として、私がいけなくなるか
愛車の寿命が尽きるか。
いずれかの最期をもって別れる覚悟をしてきた。
幸か不幸か、この度、愛車との惜別の時が訪れてしまった。

何年経っても運転技術は稚拙であるが
マニュアルミッションを繰る愉しさを味あわせてくれた愛車。
シフトアップやシフトダウンが
何の抵抗もなく決まった瞬間には密やかに快哉する。
それが生活形態の変化に伴い、年々載る機会が少なくなり
昨年漸く走行距離が4万㎞を超えた。
エンジンに限れば新車の域を脱し、これからがオイシイ領域か?
しかし、23年の日々は確実に車体の劣化を招いていた。
大きな故障はないが、細々と手を掛け問題を解決してきた。

それが今回、ドアミラーの不具合で暗礁に乗り上げてしまった。
自動でミラーを開いたり畳んだりする度に異音が発生する。
これを放置すれば、いずれは開閉が出来なくなるとの診断だ。
ミラーごと交換しなければならないので探して貰うが
メーカーでは欠品、中古品も見つからない。
仕方なくミラーを開いたまま載っているが、
公共の駐車場に駐車する際は結構ストレスが溜まる。

ドアミラーひとつの不具合で車自体を載りかえるなど理不尽だ。
しかし、ここら辺りが潮時かとも思う。
国産車ではマニュアルミッション車は極めて少ない。
マニュアルミッションには魅力を感じるが、
現在市場に出回る車は魅力に欠ける。
断腸の思いでオートマチックミッション車への載りかえを決断。

その決断を後押ししたのが安全運転サポート機能である。
その思いについては後日。

| | コメント (0)

2020年2月16日 (日)

ズボラの証し

長い間の開店休業状態が続き恐縮至極にて陳謝。
随分前から首が回らなくて・・・
借金取りから逃れていた訳ではなく、物理的な問題です。
午後になると首から上が重く、前を直視できなくなります。
それで気力が萎えている状態です。

さて、前回に続いて私がズボラだという話題。
関東在住の方ならご承知のことですが
JR東日本の原宿駅(東京・山手線)が改修されるといいます。
今年開催される東京オリンピックとパラリンピック後のこと。
いつもだと、そうした話題を目にしながら、
コトが済んでから対応せずに後悔するのが常であります。
今回は一念発起? 事前に行って参りました。

5c64x84y88_mg_7486
この駅舎、ご覧の通り懐古的な佇まいです。
およそ東京都心の駅とは思えませんで
どこかリゾート地の駅を彷彿とさせます。

5c92x117y88_mg_7487
この左側には新しい駅舎が出来上がっておりますが
今回はスルーしました(ここがズボラか?)

当日の予定は原宿駅から渋谷方面に移行します。
コースは原宿駅から竹下通り経由をとるか
表参道から渋谷に向かうか
代々木方面から渋谷を目指すか
迷った末に代々木から向かうことにしました。

7c46x87y88_mg_7499
原宿駅と隣接する、否、原宿駅が隣接する?
明治神宮
ここは一度訪れたい場所だが未だ果たせず。

5c53x93y88_mg_7501
明治天皇と、その皇后を祀った神宮だが
神道に帰依するが故の訪問願望ではない。
この杜ができて百年。
造営時に百年後の姿を思い描いて
時の造園家などが設計し、
全国から数多の苗木が寄進されたと聞き及んでいる。
そうした前人の英知と善意が、自然林の様相を呈しているとか。
その百年の刻に触れてみたいと思う。
が、ズボラはこの場に立っても中に入らず。

5c82x142y88_mg_7503
代々木公園の入り口。
嘗ては竹の子族が乱舞した辺りで、
この日もダンスパフォーマンスをしていたようだが
歩道橋を渡って国立代々木競技場側に来ていたので
ズボラは望遠レンズでカメラに納めた。

5c80x118y88_mg_7506
前回の東京五輪に際して建設された国立代々木競技場。
斬新なデザインは今日でも古さを感じさせない。

5c56x94y88_mg_7511
敷地に入って競技場のカメラを向けて驚愕した。
この写り込みはゴーストではなく、レンズの傷か汚れか!?
慌ててレンズ表面(正しくはレンズの保護フィルター)を見ると
汚れが傷のようについていた。
毎回カメラを使用後にはレンズとカメラの内部をブロワーで
掃除するが、万全ではなかったようだ。
ズボラは入念に確認しないからなぁ・・・
帰ったらクリーニングしなければならぬ。












































 

| | コメント (0)

2020年2月 2日 (日)

ズボラ極まれり

日本マイクロソフト社が
Windows7をリリースしたのが2009年だったそうな。
その際、Windows7のサポートは10年で終了と宣言したとか。
当時Windows98を使っていた私には遠い未来の話だった。
2019年のサポート終了を控え再三再四のアナウンスがあったが
それでもウダウダとWindows10への移行を怠っていた私である。

巷に流布される風評では
Windows10への移行は面倒だとか、10は使い辛いとか
芳しくないものがあって、尚更、移行への敷居を高くした。
しかし、刻は万人に等しく配されるもので
私のパソコンのサポートが切れるまで数日となってしまった。

それまで使っていたパソコンの機能に不具合が生じたのを機に
新しいパソコンを購入してWindows10への移行は難なく済んだが
問題は従来のパソコンでの使用環境を受け継ぐ作業だった。
ブラウザとメールソフトの設定をそのまま移行する手間が
難解そうで二の足を踏んだ次第。
結局、両方の新たな設定が済んだのはサポート終了の二週間後。
従来使用していたソフトの稼働は未だ実現せず
片肺飛行の印象は否めない。

それでも、ここへの投稿が可能になっただけ
大きな前進といっては大袈裟か!?
ボチボチ旧来の形に戻るべく精進いたす所存ゆえ
今後とも御贔屓賜りたく伏してお願い申しあげます。

| | コメント (2)

2020年1月 5日 (日)

銀杏並木余話

東京・神宮外苑の絵画館前の銀杏並木の話題など
古過ぎる話題でありますが、あえて載せさせていただきます。

この銀杏並木は国道246号線
この界隈では青山通りと称される大通りに入口がある並木道。
5c50x96y88img_6724

そこを訪れたのは11月初旬の日曜日の午前9時前のこと。
先ず目に付いたのは数台の警察車両だった。
いくら銀杏並木を散策する人出が多いよはいえ
余りにも物々しい警備体制を訝しく感じた。
そもそも警察官の姿を見かけない。

5c168x198y88img_6715
この後、銀杏並木沿いの車道が
マラソン大会のコースの一部になるとの先触れがあった。
しかし、ローカルなマラソンの警備とも思われない。

5c95x109y88img_6692
後で思い至った警備体制の意味は
近くにある赤坂御所を警備する目的だったのだろう。
昨年5月、新天皇に即位されるまで
皇太子の東宮御所が、即位に伴い赤坂御所になったのだ。

昨年5月から11月に掛け、新天皇の即位と、その関連行事は
我が国では大きな出来事であった。
平成天皇の譲位による新天皇の誕生が
国民の間に祝賀ムードを盛り上げたのは間違いのないところ。
度重なった自然災害への気遣いはあったものの
新しい時代の到来を祝い歓迎した国民は多かった。

一連の祝賀行事を報じた映像や写真で、
私の印象に残った瞬間は、新皇后が思わず流された涙でした。
皇太子妃として長きに渡り病気療養を続けてこられた雅子さま。
その耳には様々な雑音が届いたことと推測する。
皇太子が雅子さまを巡る環境に苦言を呈されたこともあった。

7c61x73y88img_6781
苦難を抱え込んだ雅子さまを支えたのは
結婚を申し込んだ際の皇太子の言葉
一生あなたを護ります であったろうか?

5c214x185y88img_6766
それでも不安を拭い去ることが出来たか?
自身のことを思えばこそ悩みはつきなかったのではないか?

即位から皇后として国民の前に立たれた雅子さまには
皇后に相応しい威厳の中にも、
夫君と共に国民を思う優しさに溢れる笑顔があった。
外国の要人と接する様子に、海外から賞賛が寄せられた。
そうした新皇后を祝福し歓迎する国民に接し溢れた涙。

5c97x114y88img_6754
依然磐石な体調とは言い切れない健康状態であるようだ。
無理はなさらず
平成天皇と皇后が築いた国民と共にある皇室を
引き継つごうとされる新天皇と歩まれる道に
苦難が待ち受けていないことを祈念します。

  私は皇国を奉ずる者ではない。
  上皇后と同じく、一般社会から皇室に身を投じた
  ひとりの女性を案じるお節介。







| | コメント (0)

2020年1月 3日 (金)

けやき坂イルミネーション

津京都港区六本木
六本木ヒルズとして再開発された地区を貫くけやき坂
意図して造られた街であるからか
けやき坂の正面に東京タワーを臨むことができる
平素でも絶好の撮影場所だが
街路樹に灯りが煌めくと別世界が出現する

7c208x228y88img_7013
坂を跨ぐペデストリアンデッキには多くのカメラが並ぶ

3c209x220y88161timg_7009

7c223x203y159t88img_6975
振り返った坂の上方向

3c215x194y88img_6964

3c145x207y147t88img_7036

3c228x222y162t88img_6981

5c181x195y161t88img_7025
ここが最も優れた撮影場所

     けやき坂イルミネーション2019は
     11月11日から12月25日の間で実施されました

| | コメント (2)

2020年1月 2日 (木)

東京MONOかたり ~歳末~

旧年中に撮り貯めた写真を年越しさせてしまいました。
時節を外した見苦しさはご容赦願い
正月休みを利用して挽回してまいりたいと存じます。

さて、色彩を排除したモノクロ写真で東京を街歩きして
日頃見落としがちな風景を捉えられたらという企て。
自己満足に陥ることなく客観的な視点を持ちたいと思うものの
その評価は訪問いただいた諸氏に委ねたい。

今回は築地から銀座に到る道筋で見かけた風景を紹介します。

東京中央卸売市場いわゆる築地市場が豊洲に移転してから
二度目の正月を迎えようとしている築地場外市場。
元々、東京中央卸売市場(築地城内市場)に寄り集まった
仲買商や小売商で構成された築地場外市場。
近年は海外から場内市場を訪れる観光客の受け皿となった。
場内市場直結で新鮮な魚介料理を饗する店が犇めく一角だ。
4c88img_7100

57x88y150t88img_7104

2c61x81y88img_7116
通常の日曜日は人数が少なげだが
さすがに歳末は正月食品を仕込む人が多く見られた。

7c190r155t88img_7124
旧場内市場と場外市場の間にある波除け稲荷では
茅の輪くぐりで吾が身を清めたつもりだが、はて・・・

2c21x43y150t88img_7144
この道筋は何回となく通っているが
ここが「銀だこ」の本店とは初めて知った。

11c26x65y88img_7157
東銀座の歌舞伎座では正月公演を控え準備に余念がない。

4c179x192y88img_7166
三越百貨店の象徴。
スミマセン
どいてくれるのを待てなくて撮っちゃいました。

3c29x67y88img_7180
歳末の街角
発祥は110年前の米国
現在は世界131の国と地域に拡がっている。

3c197x213y88img_7172
かくして東京の一年が暮れていく。

| | コメント (0)

2020年1月 1日 (水)

馬齢を重ね

年が改まって、また一つ歳をとった。
現代は満年齢で表されるが、最前まで数えで歳を勘定した。
故に、正月を迎えると年齢を加算する習わしである。

あのNHKの人気キャラクターに叱責されそうな
漫然とした来し方を思うと汗顔の至りだ。
時間は万人に等しく与えられるが、問題はその過ごし方で
このままだと行く末が案じられる。
このようなことを毎年繰り返しながら、一向に変わらぬ。
人生に残された時間は少ない。
後世に名を成すとなど大それたことは言わぬものの
己に恥じない生き方を暗中模索するも
多分に今更の感は逃れられない。

7c198x177y142t88img_7203
昭和の頃、テレビの「ゆく年くる年」で
新年を迎える瞬間に再三見かけた風景。
その時も同じように考えていたのだから進歩がない。

| | コメント (0)

2019年12月25日 (水)

メリークリスマスでした

当面は喪に服している故、祝い事は遠ざけているのだが
シルクロードの東に発した宗教の門徒としては
その西に起源をおく宗教に忖度する要は無かろうと
クリスマス商戦を謳歌する商業施設に出掛けてみた。

東京・六本木の東京ミッドタウンのイルミネーションは
毎年趣向を凝らし、音楽にあわせ光が疾る。
設置された電飾の配列は毎年同じだが(と思う)
それらの電飾の何処をどう輝かせるかの演出は違っている。
しかし、今年はその画像はありません。
横着を決め込んで、館内から遠見に撮影した画像はあるが
出来は宜しくござらぬ。

そこで館内の、これも毎年馴染みのサンタツリーで茶を濁す。
それでも横着さは反省しておる。

5c128x143y88img_6887

5c204x187y88img_6890
円錐形の「ツリー」に多士済々が集う。
 
11c225x186y88img_6878

場違いな登場人物も、お約束のうち。
3c198x176y88img_6886

11c231x203yi88mg_6875
おや?キミは赤いベコ君だね。
ナニ?私とプレゼントを積んだ橇を曳きたいと?
ご好意はありがたいが、そのギッシャギッシャとした
長閑な足取りでは、
今夜中に世界の子供たちにプレゼントを届けるのに
間に合わないだろうから、また、今度の機会に頼むよ。
おお!首を振って納得してくれたようだね。

5c225x196y88img_6879
聖なる夜に、聖なる音楽を奏でて、夜は更けゆく。

| | コメント (0)

«あの銀杏並木  ~絵画館前~