今年は旬だ!ウコン桜

川沿いの、桜の小経で開花時期をずらしながら咲く桜花を追い
八重桜が作る桜花のトンネルを撮る頃、
ウコン桜は、早くも花の盛りを過ぎている例年の失策。
そこで今年こそはと意気込んで出掛けた甲斐があった。

9c182x200y147t84img_3996

一般的に黄色い桜といわれるウコン桜であるが
私は、薄目で明るい緑と捉えている。
咲きはじめは花全体が、そうした色味を呈しており
次第に花の中心が紅色に染まっていき
花全体が薄い紅色に変わって花の生涯を終える。

5c173x197y84img_4040

今年は最も綺麗なウコン桜をつかまえられた。

7c178x198y84img_4051

7c185x209y84img_3990

5c181x196y150t84img_4047

9c191x201y149t84img_3978

| | コメント (0)

2019年4月22日 (月)

桜の小径で異なるもの

八重桜を撮影に行って、脇に寄り道をしてしまった。
この日持参したレンズは3本。
18mm~35mmと、70mm~300mmのズームレンズ。
それに60mmのマクロレンズ。

桜花を景色として撮るには18mm~35mmのズームレンズ。
桜花のアップは70mm~300mmの望遠ズームが
力を発揮してくれる。
60mmのマクロレンズは、花との距離が遠いので
マクロ撮影には適さず、参考程度で持参したものであるが・・・
本日の画像は、その60mmマクロレンズで撮ったものばかり。

桜花ばかりに気をとられることなく、
この時期が盛りの花々にも焦点を当ててみた。

7c222x200y84img_4347
藤は藤棚から垂れ下がる様が見ものであるが
敢えて上部の、それも蕾みに注目した。

7c129x206y146t84img_4420
満天星(ドウダンツツジ)の花は小さく愛らしい。

5c189x173y84img_4390
これは菖蒲ですな。
花菖蒲や杜若と混同され易い花です。

11c187x203y153t84img_4428
菜の花より蟻に注目してしまいました。
マクロレンズならではの描写です。

ご承知のとおり、マクロレンズは60mmの単焦点レンズとして
風景撮影などにも使用できます。
そこで私を胡乱なヤツと窺っている猫に気付きました。
5c83x77y84img_4431

そこで岩合光昭氏に対抗すべく、どれだけ近付けるか
ソロリと寄ってみるが・・・
5c83x73y84img_4432
逃げられた!
岩合氏は猫の撮影ではズームレンズは遣わず
単焦点レンズで自分から猫に近付いて傑作をものにしています。
私など、とても足元に及ぶものではありません。
それにしても岩合氏の場合、猫が近寄って来るそうですが
何が猫をして、そうさせるのか!?

| | コメント (0)

2019年4月16日 (火)

鄙の桜は、まだ咲きはじめ。

我が家は東京23区から外れた郊外〔東京都下)にあります。
都心では、人工的な発熱体が大気の温度を上げ、
二酸化炭素を排出する移動体がひしめき合っている。
清涼な大気が溢れる鄙では、植物が活き活きしており
染井吉野も都心より数日満開期が遅く、
近隣の小中学校の入学式までは何とか桜花がもってくれます。
7c166x192y84img_3873

7c145x176y84img_3856

とはいえ、4月も14日ともなれば流石に花が散っています。
5c66x73y84img_3868

この川の200メートルほど下流で八重桜を見ることが出来ます。
例年のように、ここで紹介する桜花のトンネルをつくる桜花です。
100メートル余りのトンネルですが、なかなか見栄えがします。
しかし、14日は咲き揃っていませんでした。

5c143x179y84img_3907
上流では蕾みばかりで、開いた八重花は稀に見られるだけ。
対岸のソメイヨシノとは大きな違いです。

5c76x64y84img_3891
下流に移動する間、菜の花が目を愉しませてくれます。

そして下流では
漸く開花をはじめた八重桜を見ることができました。
この先ではウコン桜が見頃を迎えています。
9c157x172y84img_4016

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

色はにほえど 散りぬるを

旧芝離宮恩賜庭園は、旧浜離宮恩賜庭園と同じく
江戸湾の海水を引き入れた汐入の回遊式庭園である。
知名度や面積で旧浜離宮恩賜庭園に引けをとるが
落ちついた日本庭園の趣きを醸し出している。

満開宣言から2~3日後の桜は、既に葉が出始めていたものの
未だ圧倒的な数の花が見る者を魅了してやまない。

都心近くにありながら、ビルの谷間にある庭園ではない。
空はゆったり広がり開放感を味わえる。
7c183x205y84img_3778

5c189x206y84img_3790
桜花を愉しむ人が疎らに見えるが
撮影日、4月5日に当ブログにアップした
染井吉野二景と同じ日、同じ庭園である。
フレームから人が外れる瞬間が訪れ易いので
個人の尊厳に触れることなく撮影が出来るのがありがたい。

5c172x198y84img_3783
桜樹の下の芝に散った花びらがご覧いただけるだろうか。

花曇り
5c42x87y84img_3775

満開の桜花を見ていると
そこに何がしかの存在を感じるときがある。
精霊とか、魔性の者とか、神秘性を湛えた存在。
7c189x204y84img_3777

9c110x140y84img_3772
魔性といっても、人間にあだなす存在とは限らない。
満開の桜花が、散る花びらが、見る人の心を浮き立たせる。

| | コメント (0)

2019年4月 7日 (日)

増上寺で桜を愛でる

東京らしい桜がある風景として、芝公園から増上寺に移動。
芝の増上寺は徳川将軍家の菩提寺で
二代将軍秀忠はじめ6人の歴代将軍の墓がある。
正月2日と3日に催される箱根駅伝では
重要文化財の三解脱門前の道路がコースになっており
上空のカメラからの映像で紹介されることが多く
全国の方々にも馴染みがありましょう。

5c84img_3752
芝増上寺の鐘楼堂は、上野寛永寺、浅草寺と共に
江戸三大鐘楼堂に数えられる。
(資料によっては四谷天龍寺と市ヶ谷八幡宮を上げる説がある)

桜の季節、寛永寺を取り囲む上野恩賜公園や
浅草寺近くを流れる隅田川堤(墨堤)と比べると
桜花を愛でる人出は少ない。
また桜花の下で飲食する者が居ないので
落ち着いて花見ができる。

7c225x189y15r151t143t84img_3732
満開宣言が出された染井吉野には葉が目立つ。

9c135x197y84img_3727

5c174x204y147t84img_3719
色濃い桜花も風情があります。
桜花と東京タワーの夜景を撮影できる時間まで
場所を移動します。

| | コメント (0)

2019年4月 5日 (金)

染井吉野二景

満開宣言を聞いてから押っ取り刀で桜花を撮りに出掛ける。
とりあえずの二枚。

7c164x190y84img_3761
「桜まつり」などと無粋な提灯など見られないのが秀逸な景色。

私にしては珍しくハイキーぎみに仕上げてみました。
7c171x196y84img_3767

| | コメント (1)

2019年4月 2日 (火)

東京 染井吉野

東京に染井吉野が咲いた。
世間は平成最後の花見と浮かれる。
花見の名所は何処も人で溢れかえっていよう。
行くか行かざるか。
行くなら人が少ない場。
ひと目で東京とわかる処。

5c170x215y148t78img_3714

7c77x100y78img_3716

7c67x87y139t78img_3743

5c76x120y84img_3741
東京タワーを臨みながら芝・増上寺に出る。

5c108x203y150t78img_3806

7c177x199y78img_3805

5c69x143y30r158t78img_3809

7c92x80y78img_3814
夜桜の撮影には三脚が必須なのだが
どうせ枝が風で揺れるのだから・・・
と手持ちで横着を決め込んだ。

| | コメント (0)

2019年3月26日 (火)

桜開花

東京では21日にソメイヨシノの開花宣言が出されました。
靖国神社にある標準木に5輪以上の開花が認められると
開花宣言が出されますが、前日のニュースでは
標準木を観察に来た気象庁の職員を取り囲む
多くの人が映り出されていました。
正直なところ、ヒマな人が多いものだ。

22日の金曜日には、公園内で花見の場所取りをするテントを
多数見かけました。
この時点では開花した桜は殆んど見られないのに・・・
土日に花見を計画しているのでしょうが、ご苦労なことです。

24日の日曜日に、花を期待するでなく街を散策していると
開花した桜樹と出会いました。

9c63x79y84img_3657

道路に枝を差し掛けた古木。
見上げるひともなく孤高の佇まい。

| | コメント (1)

2019年3月14日 (木)

日本航空からの頂き物

  • 3月14日 ホワイトデー。

仕事帰りの女性の中に小さい荷物を持った方が居ました。

おそらくべバレンタインデーのお返しでしょう。
頂き物には、お返しをするのは日本的な仕来たりです。
所謂、義理チョコの類でしょうけどね。
それでも中元歳暮ほど大袈裟ではなく、
日頃の付き合いへの挨拶と考えれば、
人間関係の潤滑油として有効な贈り物といえます。

先月、実家に帰っておりまして
帰宅はバレンタインデーに当りました。
その日の昼のニュースで、日本航空が搭乗客に
バレンタインのプレゼントをしているのをみました。
地方空港から最終便に搭乗する私には縁がないと思いましたが
搭乗後、席まで届けて貰いました。
かなり前、元旦に搭乗した際に屠蘇を振る舞われて以来の
思いもよらないプレゼントでした。

3c198x181y120t70img_1756

| | コメント (0)

2019年3月 6日 (水)

ふるさとの馬文化

ばんえい競馬を御存知だろうか?
ばん馬と呼ばれる競馬馬が
鉄ソリを曳いて着順を競う競馬で
写真や映像などでご覧になったこともあろうかと思う。
特に冬の早朝に行われる調教では
暁の空を背景に白い息を吐くばん馬の姿が印象的である。
是非撮影したいが開催日とタイミングが合わず未だ実現できず。

本体の重量が450Kgの鉄ソリに加え
レース毎に定められた重量を曳く勇壮な競馬がばんえい。
公式表記はばんえいだが、漢字では輓曳と書く。
このばんえい競馬は、日本国内ばかりか世界でも
この地でしか開催されていない馬の文化遺産ともいえる。

明治期、北海道開拓の農民が農耕や使役で使う馬の
能力を競うことが原点となっているのがばんえい競馬。
厳しい開拓の日々に潤いを得る憩いの一環でもあったろう。

5c176x166y120r101t1105t74img_2318
   市役所に展示されたマンホールの蓋
   騎手のモデルはサブちゃんだが(ウソです)
   馬のモデルはキタサンブラックではありません(あたりまえ)

ばん馬には何よりもソリを曳く力強さが要求される。
全長200mで二ヶ所の障害(坂)を乗り越える過酷なコース。
そのために体躯は大きく頑丈である。
サラブレッドの馬体重の倍に相当する1トンにも及ぶばん馬。
フランスから輸入され、北海道の気候風土に加え
力量・機動性に適応するよう改良された農耕馬である。

7c134x172y110t74img_2384

7c220x201y74img_2326
直線コースなのでスタンドからはレースの全容を
見守ることができる。

7c201x179y74img_2351

スターティングゲートとセパレートコース。
コースは幅1.8m 全長200m 第一障害がおわかりか?
白い柵の手前はスタンドとの間にあるエキサイティングゾーン。
そこから見る人馬一体のレースは迫力がありそうです。
3c182x197y74img_2332

第二障害の手前で騎手がばんばを停め
スタミナを温存させてから第二障害に向うこともあるとか。
第二障害を越えるとゴールだが
その前に高低差0.5mの傾斜が付けられた砂障害がある。
砂場を想像すればよいか?
ゴール前の最後の競り合いが興奮を呼び覚ます。
5c217x204y74img_2335

電光掲示板に注目願いたい。
馬場水分が表示されるのはばんえいならでは。
平競馬の重馬場は馬に不利だが、
ソリを曳くばんえいでは事情が違うようだ。
また、本走路はヒーティングが装備され
冬季の凍結を防いでいる。
7c202x182y7r150t74img_2340

ゴール地点。
3c171x192y150t74img_2341

夏によし、冬もまたよし。
勇壮なばんえい競馬を一度は目の当りにしてみたい。

| | コメント (0)

«吊るし雛