2018年1月17日 (水)

御霊やすらかに

有史以来、数多の天変地異が我が国を襲ったことか?
明治以降の災害などは、僅かばかりに写真の記録があろうが
鮮明な映像として、広く国民の眼前に晒された災害といえば
かの阪神淡路大震災の衝撃を超えるものがあるか?

23年前の1月17日、
巨大な地震エネルギーによって、一瞬にして崩壊した都市群。
猛り狂った炎が、崩れ落ちた街や人命を焼き尽くす勢いに
私たちは、まるで特撮映画の映像を観る思いで
とても現実に起きている惨事とは信じられなかった。
まして、その災害の真っ只中に居た人々の思いはいかばかりか?

その20年後、東日本大震災が起きた。
今度は津波が、街を人命を押し流す惨事となった。

火と水、人類の恩恵となるべく重要な自然の要素が
大きな牙をむいて、奢る人類に報復すらが如く襲い掛かった。

その人類の奢りの最たる炎としてあった原子力の火が
天変地異の災害に追い討ちを掛けた。
その国策的な被害は未だ解決の目途が立たない。

人類が、天変地異の災害からん逃れられない存在ならば
せめて人災だけは遠ざけたい災害なのであるが・・・

| | コメント (0)

2018年1月 7日 (日)

早咲きの白梅

例年、どこよりも早く咲く近所の白梅を
今日見に行くと花を付けていました。
とはいえ、まだ数厘が咲いたところです。
3c229x222y143t84img_7728

昨年の同じ頃の記事では、既にかなりの数の花が開花済み。

日陰になって焦点ズレていますが・・・
11c197x215y60s152t84img_7763

こちらは近所の河津桜ですが、まだまだ堅い蕾み。
3c164x176y151t84img_7715

花が開き始めるのは今月末のことです。

| | コメント (0)

2018年1月 2日 (火)

お江戸日本橋七つ立ち

歌川広重描く東海道五十三次の初めは日本橋。
ここから京都・三条大橋まで百二十四里八丁。
広重の浮世絵と同じ構図だと・・・
3c177x230y154t84img_5294
橋の向こう側が日本橋室町、手前が東海道です。

徳川家康が江戸の幕府を開いて、早速手掛けたのが
いわゆる五街道の整備だったことは御存知の通り。
明治44年に掛けられた現在の日本橋の中央には、
道路元標が埋められていましたね。
5c218x195y70img_5308

3c191x177y84145timg_5309

昨年、日本橋の上を走る首都高速道路を移転させると
そんな話題を眼にしましたが、さて、実現性は?
それにしても醜悪な眺めです。
3c38x62y124t84img_5330

日本橋を飾る獅子が前肢で掛けているのは東京市章とか。
5c164x179y129t84img_5315

7c37x52y123t84img_5316

想像の産物である麒麟。
5c119ti84mg_5321

交通の要衝で、橋としての機能ばかりでなく
文化施設としても価値ある橋ですから
無粋な高速道路が撤去されるのは歓迎したいですが
金をかけて造った道路を、金をかけて撤去するか!?

| | コメント (0)

2018年1月 1日 (月)

夜の露店、初詣にて・・・

新年あけましておめでとうございます。
日頃、怠惰な更新を続ける拙ブログに
足を運んでいただく方々には心から感謝申し上げます。
本年も店主の勝手気侭に御付き合いのほど
宜しく御願い奉ります。

さて、平成18年が明けたばかりの暁闇をついて
お馴染み、ご近所の古刹に初詣に参りました。
日頃、話題に窮したときの仏頼みよろしく
何かとお世話になっている古刹です。
本殿前で何がしかの賽銭を投げ入れ、境内を散策しました。

この古刹、陽が昇ってから訪れると
最寄り駅から参道まで、初詣の人々で長蛇の列が出来ます。
年明け早々の深夜なれば列に並ぶ必要はありません。
3c193x181y137t84img_7658_2

参詣客を当て込んで、境内には露店がひしめきあっています。
153t84img_7689

子供のお目当ては玩具と、食べ物ですね。
数ある露店の中で、この狐のお面は異彩を放っていましたが
見ると1枚1枚が手書きだそうです。
奥のお姉さんが作者かな?
3c210x198y84img_7667

露店の定番となれば・・・
3c63x70y84img_7676

子供ならず、大人も舐めたいアンズ飴。
2c97x122y134t84img_7690

のん兵衛の関心は、俄然こちらですね。
3c66x865y148t84img_7678

暖かそうなおでんが待ち受けていますヨ。
5c169x183y150t84img_7694

これは新しい商品? 飲み物のいうですが・・・
3c215x195y1041t84img_7687

こうした露店には必ず居る美形。
2c219x202y148t84img_7675

どうせ買うなら美形から・・・
それでは奮闘努力の兄ぃに申し訳ない。
3c191x162y147t84img_7708

達磨も古刹の露店では定番です。
5c196x170y84img_7669

見栄えがする姿焼き。
香具師との遣り取りも座興のうちです。
3c191x173y84img_7677

これも露店の定番中の定番。
中には見事な啖呵売を聴かせる香具師もいますね。
寅さんが懐かしい。
3c195x181y84img_7668

やはり、お好み焼きの類は露店の王道です。
3c176x214y84img_7671

| | コメント (0)

2017年12月31日 (日)

年越し

子供の頃は、何の苦労も無く越した年越し。
むしろ子供にとっては一年で一番華やかしい一日であった。
私の故郷である北海道の開拓に携わった人々の習慣として
大晦日に贅沢な馳走を食べて年越しをするのが習わしです。

それが、今住んでいる関東の大晦日は簡素なものです。
年越し蕎麦を食べてオシマイが定番だったようですが
大晦日にスーパーマーケットに行くと
高級食材を買い漁っている人の多いこと。
あれは正月用の食材かね?

そんな事を思いながら、昨日は黒豆を煮た。
黒豆といえば丹波の黒豆が有名ですが
我が家では、この数年、故郷(北海道十勝)の黒豆を煮ます。
2c193x209y122t72img_1748

正月用に煮しめ。
2c197x235y10t72img_1744

共に、スマートフォン画像。

| | コメント (0)

浅草寺と隅田川界隈

   今年撮影した写真を整理すると
   撮っただけで放置されている写真が多くあります。
   それらの季節外れの写真を
   臆面も無なく紹介させていただきます。

西浅草から伝法院通りの道筋には雑多な店舗が並んでおり
食いもの屋の店頭に、興行街として栄えだ名残りがありました。
5c954x108y156t84img_6069

外国人観光客ならずとも、つい手を出したくなる。
買って帰ってどうするのか・・・
所詮、土産物なれば実用に供せず?
3c228x204y130t84img_6078

浅草寺の雷門をくぐり、仲見世を通った先の宝蔵門。
その本堂側には大きな草鞋が奉納されています。
高さ4.5m 幅1.5m 重さ500kg
3c111x95y70img_6090

本殿前では善男善女がありがたい香を身に纏っています。
5c212x239y84img_6094

吾妻橋の上で、東京スカイツリーを背景にしたショットは
恰好の撮影ポイントです。
5c59x87y132t84img_6127

初秋の夕暮れ、屋形船で料理の仕込みに追われています。
96x126y36x47y84img_6153

| | コメント (0)

西浅草界隈

   今年撮影した写真を整理すると
   撮っただけで放置されている写真が多くあります。
   それらの季節外れの写真を
   臆面も無なく紹介させていただきます。

私が浅草の観音様(浅草寺)西側に赴く主たる目的は
かっぱ橋道具街を冷やかすことにあります。
およそ道具というものは、ここに集まっている調理用に限らず
大工道具などの職人衆が使う道具一般にいえることで
機能美ともいえる美しさを伴った意匠に卓越したものがあり
至って面白い!

この道具街を一巡してから観音様に向います。
ここ浮世床では何度も登場したどぜう飯田屋
2c236x211y3r150t84img_6048

飯田屋を過ぎた右側にステップサロン。
古色蒼然とは失礼か?
古き善き浅草の風情を残しているものと推察。
8c204x155y135t84img_6049

浅草国際通りを渡ると、浅草伝法院通りに入ります。
この辺りまで来ると東京スカイツリーが大きく迫ります。
5c57x72y70img_6050

日本人向けというより
外国人観光客相手と思われる浴衣屋の店頭で
浴衣を着こなした外国人と、人力車の兄ぃ。
浅草ならではのシックリしたショット?
3c28x36y84img_6066

本来は子供向けでしょうが、大人も愉しむ?
仏像と、伊藤若冲のガチャ!
これも浅草ならではか?
5c156x172y84img_6062

古くは江戸期から興行の中心を為した浅草の興行街。
昔日の隆盛を、浅草公会堂と共に死守するか?
浅草演芸ホール。
5c148t84img_6058

| | コメント (0)

2017年12月30日 (土)

日本橋室町2017夏姿

   今年撮影した写真を整理すると
   撮っただけで放置されている写真が多くあります。
   それらの季節外れの写真を
   臆面も無なく紹介させていただきます。

お江戸日本橋の北側に拡がる一帯が日本橋室町。
徳川家康が江戸に幕府を開いたときから
この地は江戸の商業の中心地でした。

ご存知、三越百貨店は代表的な老舗です。
3c150x173y148t84img_5332

日本橋で鰹節といえばにんべんが有名ですが、
三越百貨店の向えに店舗を構える
こちらの大和屋は江戸末期の創業。
小振りな店舗ながら老舗と呼ぶに不足はありません。
日曜日に訪れたので店舗が休みで残念。
3c226x162y152t84img_5337_2

日本橋室町にあってファッション、商業施設や
オフィスを有する複合施設の
COREDO室町1 COREDO室町2 COREDO室町3

COREDO室町2に接する通りは
新しい中にも江戸情緒を感じさせる演出があります。
5c190x170y84img_5354

通りの左手にある船橋屋は亀戸天神前に本店がある老舗。
84img_5359

場所柄か、この日に限ってか、浴衣姿の男女が目立ちました。
2c204x178y143t84img_5344

福徳神社
人出が多い場所にあり、参詣の人が絶えません。
3c218x202y18r155t84img_5346_2

浴衣姿の若いカップル
ワインでも選んでいますかね。
11c224x233yb3084img_5356

| | コメント (0)

こちら東京駅、駅前広場。

JR東京駅(丸の内側)の煉瓦駅舎前広場の整備工事が完了し
綺麗になったとのことで早速出掛けてみました。
思いかえせば随分と長い年月を掛けた工事であったげな。

3c60x82y178t90img_7437

5c86x109y147t84img_7441

5c183x219y141t84img_7350

3c67x111y84img_7349


丸ビルから、東京駅丸の内南口と
旧中央郵便局の KITTE をのぞむ。
3c51x97y163t84img_7419_2


その KITTE の屋上庭園から見た駅前広場の全景。
3c228x232y84img_7375

陽が暮れて、駅舎を背に
行幸通りと、その先の皇居方向を臨む。
7c9x24y231x164y84img_7449

| | コメント (0)

2017年12月25日 (月)

滑り込みイルミネーション

東京都内各所のイルミネーションは概ね25日までが通例。
そこで、おっとり刀で出掛けたJR新宿駅南口。

サザンテラスの今年はピンクの色彩。
その色味が十分に再現できていません。

5c226x181y84img_7595

5c195x152hy84img_7601

5c38x64y84img_7609

こちらはバスタ新宿のペンギン広場。
5c84img_7623

7c101x153y84img_7627

5c122x158y122t84img_7638

| | コメント (2)

«東京駅界隈のクリスマス飾り