2018年4月18日 (水)

夢は誰のもの・・・

プロ野球のファイターズから、メジャーのエンゼルスに転進した
大谷翔平選手の話題が尽きない。
打者としても投手としても、ルーキーは格別の・・・・・
今さら説明の要はなかったな。

彼のオープン戦の成績を見た米国の評論家やメディアは
こぞってマイナーからのスタートを進言していたものだが
今や、手の平を返して彼の才能を最大限に賞賛している。
メジャーリーグは人気が凋落の一途を辿っている現状で
救世主になりえるかと持て囃されているようだ。

米国から日本に伝わる大谷選手に関する話題は
多分に日本向けに濾過された内容かとも思われるが、
それでも彼の才能への驚きと評価の高まりが見て取れる。
打者と投手の二刀流で活躍するルーキーの登場に
ベーブ・ルースの再来などと、球団やエンゼルスファンに限らず
MLB公式サイトやメディアが過熱するのもうなずける。

去年までの彼の活躍には見向きもしなかった私が
連日の活躍に心躍る日々を送っている様は
米国メディアの手の平の返しようを決して嗤えない。
そんな野球に疎い私でさえ、メジャーの長いシーズンを通して
今の成績を維持できるかとの危惧を抱くのは無用であろうか?

本人は初見の相手との対戦成績には冷静な判断を下しており、
先々に思うような結果が出なくなったときにどう対応するか
今から対応策を検討しておく構えをみせているようだ。
プロ野球経験者も相手球団と一巡りしてからの真価を問う。

あるプロ野球経験者は、大谷選手の公式記録に言を及ぼす。
曰く、中6日の間隔で投手として登板し、
指名打者としては登板前日を休むローテーションを守る限り
規定投球回数や規定打席に達し難く、よって彼の成績は
投打共に正式には残らず、参考記録扱いだと指摘する。
そこで正式記録として残すなら、二刀流を捨て
打者か投手のどちらかに専念すべきだと説くのだが・・・

現に開幕以来の彼の打撃成績を他の選手と比べると
ことごとく上位に位置しているが、規定打席数に満たないため
成績が表に出てきてはいない。こうした問題は当の本人が
プロ野球でプレーしていた時から承知の事実。
それでも大谷翔平が二刀流に拘るのは何故か?

彼が今季からメジャー(MLB)に挑戦したについて
米国では驚きをもって受け止められた(日本でもか?)。
彼の場合、メジャーとの契約を1年か2年先延ばしすれば
契約金は200億円とも予想されているにも関わらず
自ら望んで数千万円の契約金でマイナー契約を結んだ。
選手の高騰した年俸が球団経営を圧迫するなどと
話題を振りまくメジャー選手を見慣れた米国ファンには
まるで異星人のように見えるかもしれない。

高額な契約金より、1年でも早くメジャーでのプレーを望む。
公式記録を捨て、ということは年俸評価基準を捨ててまで
投打の二刀流を貫きたい。
大谷翔平が抱く夢を
我々は静かに、そして熱く見守るのはどうだろうか?

| | コメント (0)

2018年4月11日 (水)

サッカー競技に見る解任の文化

初めに、私はサッカーファンではありません。
サッカーの話題は、スポーツ面より社会面で拾うことが多い。
そんな私がサッカー界に物申すのは言語道断。
社会面からサッカー界を眺める視点からの意見の多くは
的を外れた指摘であると自覚しています。
半面、門外漢ゆえ正鵠を突くマグレもあるのではないかねぇ。

さて、本日俎上に載せる話題は日本代表監督の解任です。
扇情的な見出しを好むマスコミによれば
電撃解任電撃更迭ということのようです。
サッカー日本代表はワールドカップ・ロシア大会を控えています。
なぜ、この時期の監督解任なのか!?
日本サッカー協会の説明によれば、
代表監督の戦術や采配への疑問、あるいは代表選手への
高圧的な指導方法で選手との信頼関係が薄れた故という。

報道によれば、この監督の招聘には日本サッカー協会の会長が
三顧の礼をもって招いたようです。
その監督を前述のような理由で解任した日本サッカー協会いやさ
協会会長の責任はどうなっているのでしょうね。
巷では、こういうのをトカゲの尻尾切りと申します。
国会で国務大臣に失点があれば、野党は躍起になって首相の
任命責任を追及しますが、日本サッカー協会には与党や野党は
存在せず、一枚岩の団結を誇っているのでしょうか?

大体、高圧的な指導といえば、昨今話題のレスリング女子の
パワーハラスメント問題など如何なるものでしょうか?
その事実の存在を指摘され辞表を提出した強化本部長を
擁護するレスリング界を知る人によれば、
強圧的な指導があればこそレスリングが強くなるのだそうな。
となれば日本サッカー界の何と民主的なことか!?

選手との信頼関係といえば、私ら外野の観客からすると
遥か以前から、代表選手への信頼は失われています。
およそサッカーは点が入りにくい競技なそうな。
それにしてもですよ!
日本代表選手はナゼにゴールに向けボールを蹴るのが下手か!?
10本シュートして(本人たちはそのつもりらしいが)
蹴られたボールの何本がゴールに向う?
ゴールから大きく外れ、アサッテの方向にボールを蹴っておいて
さも惜しそうなポーズをする白々しさ。
監督が解任されたのだ、その人に選ばれた代表選手もまた
代表の地位を白紙に戻すべきではないでしょうかね。
試合に勝てない理由は、唯一監督が負うべき問題か?
まともなシュートを打てないのは、監督の戦術に原因がありか?
そう考えるのはシロウトの戯言・ヘリクツですか?

国の内外を問わず、サッカー界では解任が茶飯事だ。
まるで解任がサッカー界の文化や正義であるかのようです。
シーズン開始から数試合で、成績不振の責任を監督に負わせる。
目先の1勝に囚われ、長い目でチームの成長を促がすなど
夢のまた夢の如し。
クラブチームはビジネスなのでしょうね。
勝利第一主義で、勝てないチームは投資の価値がない。
故に勝てない監督は足場を失う。
殺伐とした世界ですねぇ。

| | コメント (0)

2018年4月 9日 (月)

八重桜のトンネル

先日UPした川沿いのソメイヨシノから下った右岸では
ソメイヨシノと入れ替わりに八重桜が咲き
ほんの数十メートルですが短いトンネルをつくっています。
訪れた皆さんは思い思いに写真を撮っており、
中には車で訪れる人もいるようです。
ガイドブックに載ったり、マスコミで紹介されたりしませんが
近所にある手軽な桜の名所です。

5c166x183y150t84img_8752
実は写真の魔術が見栄えを良くしているのですがネ。
写真を整理して続編をUPします。

| | コメント (0)

2018年4月 5日 (木)

今年も隣りの梨花

毎年この時期に持ち出す近所の桜といい、
隣りの梨花といい、変わり映えしない話題で恐縮です。

今年開花が早かったソメイヨシノ。
釣られるように梨花の開花も早まりました。
梨花がソメイヨシノより先に花開かないところに
厳格な自然の摂理を感じます。

7c183x192y150t84img_8624
さほど広くはない梨畑で、開花が始まるのは決って東端から。
ここにも厳格な自然の摂理が存在しているようです。
周辺は過密な住宅地ではありませんが、
この畑と、我が家が入る集合住宅の間の小路に足を踏み入れると
真夏でもヒンヤリ感じるのは、狭くとも畑の土がある所為です。

7c182x209y150t84img_8627

いつの間にか桜の花を見るより
可憐な白い花の開花で春の到来を認識するようになっています。

5c49x58y150t84img_8628

納屋として利用しているようです。
嘗ての農村の名残と申しましょうか?
こうした蔵のある農家が、今でも僅かに残る土地です。
3c224x210y84img_8632

| | コメント (0)

2018年4月 4日 (水)

今年も近所の桜

関東以西の地方ではソメイヨシノが散っています。
これから東北や北海道で桜が開花しますが
それらの地方で咲く桜はソメイヨシノとは限らない。
その土地で育った地元の桜が多くなるようです。
全国どこかで桜が咲いている限り
まだ桜の話題を持ち出しても遅くはない、と
例年通り居直っています。

我が家は東京都の西の地域にあって
23区ほど密集した都市部ではないので
23区より気温は低めです。
ソメイヨシノの開花時期も2~3日遅れる傾向にあります。
1日の日曜日には23区では盛んに散ったソメイヨシノも
我が家の近くでは満開を過ぎた状態ではありますが
散る花びらの数は23区より少なかったはずです。
7c192x216y150t84img_8669

右手の小学校の敷地内から伸びる枝が
川沿いの道に桜のトンネルをつくる光景は
例年ここで紹介しているのでお馴染み(マンネリとも言う)でしょう。
7c108x154y84img_8653

7c136x153y150t84img_8664
有名な桜の名所まで行かずとも
それなりに見応えのある桜と出会えます。

7c217x208y150t84img_8662
川面に桜の花びらが流れて行くのが分かりますか?
左側が川下で、200mほど下った右岸には
八重桜がトンネルをつくります。
今度の週末は見頃を迎えるかと思いますが
土曜日は春の嵐に見舞われるようですから
花の状態が心配されます。

| | コメント (0)

2018年4月 1日 (日)

桜、水辺の風景。

東京近郊のソメイヨシノは満開を迎えたといわれながら
花散らしの風を受け、風情に掛ける散り方をしていますが
既出の写真と同時に撮影した千鳥が淵の風景を
重ねて投稿します。

7c179x188y84img_8158
水辺と桜は相性が良い。
しかし、海辺の桜を写真や映像で見かける機会はありません。
潮風と桜の相性が悪いのかと検索してみると
海を背景にしているような桜の写真はありました。

7c202x177y84img_8198
海の近くではソメイヨシノのような園芸種の桜は
繁殖するのは困難かもしれません。
古くから地元の風土に根ざした野生の桜でなければ
潮風や強い陽光に太刀打ちできないか?

5c122x139y84img_8384
海が見える岡の上などで
刻々と変わる海面の変化に目を奪われながら
泰然と立つ桜を眺めていると
刻が経つのを忘れてしまうでしょう。

7c190x211y84img_8201 本日の記事と写真に関連はありません

| | コメント (0)

2018年3月27日 (火)

徒然なるが儘に、お濠の桜。

千鳥が淵で、江戸城(皇居)側の桜を見る。
お濠の外側を廻る緑道からの眺めです。
前回訪問した時も、お濠の内側から見た風景を撮るべきと
後悔したのですが、今回も緑道側からの写真ばかりです。

まだ、全ての花が開花していないのが分かりますか?
この日、ボートは何時間待ちで乗れたのでしょうか。
7c155x206y84img_8275

それでも枝が重なり合うと満開に見えます。
7c149x161y84img_8308
陽当り具合で、開花状況に差がありそうです。

嘗ては城であったことが窺える、石垣が垣間見えます。
7c61x79y84img_8320

乾門を遠望しています。
5c39x61y84img_8529

間近で見上げる乾門下で歴史に浸りますが
これ以上カメラを下向きにすると現実に引き戻されます。
3c29x50y84img_8557

あのタマネギに、丁度よい加減の陽が当っていました。
9c130x157y84img_8535

| | コメント (0)

2018年3月26日 (月)

花見は、お早めに!

例年より早く開花したソメイヨシノ。
一時、気温が下がったので花が長持ちするかと期待しましたが
その低温の所為で、週末に開花が促がされたように感じます。

日付が変わって昨日の日曜日、
千鳥が淵まで桜の写真を撮りに出かけました。
人出が多いのは覚悟の上でございます。
それでも、ここは宴会禁止が徹底されていますので
不快な酔っ払いを見ながらの花見ではありません。

最寄り駅から堀端の坂を登って行きますと
まず乾濠の土手に咲く桜が目に入ります。
5c155x171y84img_8242

乾門前の賑わいを逃れ、さらに堀端を登ると
絵葉書的な撮影ポイントがあります。
5c77x93y223x200y84img_8225

道路を隔てた向かい側にはソメイヨシノの開花を確認する
標準木がある靖国神社ですから
この界隈は開花が早い場所なのでしょうか?

3c192x206y84img_8259
まだ満開ではありませんが、今週半ばには満開になりそうです。
今度の土日が休日に花見をする最後の機会になりそうです。

| | コメント (0)

2018年3月21日 (水)

彼岸の雪

暑さ寒さも彼岸まで
とはよく言ったものだと感心します。
秋の彼岸には、
真夏の灼熱の残滓に汗ばむことが珍しくありません。
春の彼岸には、
冬将軍が放った最後っ屁の如き寒さがぶり返すことも。

春分の日の今日、大方の気象予報を裏切り
東京23区でも雪が降りました。
おそらく今季最後の降雪となるでしょうが
首都圏では、咲きはじめた桜の花に白雪が降りかかりました。

この彼岸の雪に、過ぎ去った春の一日を思い出しました。
まだ乳飲み子の長男を、群馬県高崎市の家人の実家に
初めて連れて行った帰路、大雪に見舞われました。
上越新幹線は関東の大雪など軽く蹴散らして上野駅へ。
しかし、東京は9cmの積雪で大混乱をきたしていました。
地上の公共交通網は完全にマヒ状態。
せめて地下鉄で少しでも移動と思いましたが
こちらも動く気配がありません。

このような状況下では、ヘタに動くと墓穴を掘りかねず
帰宅は長期戦と腹を括りました。
そこで向ったのが駅前の百貨店。
そこのベビールームでベッドと飲料用の湯を確保。
ミルクを飲んで寝ていれば手がかからない息子。
4~5時間をベビールームで過ごし、
タクシーの運転手を説得して世田谷区の自宅に向かいました。
自宅周辺は都心の倍以上もの積雪があり
帰宅出来たのは幸運の一語につきます。
ミルクを飲んで、タクシーの中ではひたすら寝ていた息子ですが
帰宅が1時間遅れたら空腹でどうなっていたことか・・・

北関東を中心に今夜から明日午前中にかけて
まだ降雪に注意が必要なようですが、そこは春の雪のこと。
大きな被害がでないことを願うばかりです。

| | コメント (0)

知らない花、知っている花。

庭園や花畑では言うに及ばず、
野原や街中で見かける花の名を知らない場合が多いワタシ。
花の名前の札が付いていると必ず覚えようとしますが
結局は、その場限りになることが殆んどで覚えきれません。
浜離宮恩賜庭園の花木園にも
当然のことながら知らない木がありました。

5c179x204y150t84img_7915
離れた場所から見た小さい黄色の花を
訳知り顔でロウバイか? と呟いたものの
ロウバイが咲くのは1月前後だと思い出します。
果たして近くで見た花はロウバイとは似ても似つきません。
サンシュユという木の花でした。

6c172x191y84img_8079
既出の写真と似ていますが、梅の枝は日本画を思い起こさせます。

7c170x191y150t84img_8014
木の名札が無ければ白梅と呆けをかましそうでした。
ボケはバラ科だったのですね。
それにしても、バラ科の植物のナンと間口が広いことか!
バラはもとより、サクラ・ウメ・モモ・リンゴ・イチゴ・アーモンド。
ハマナス・ユキヤナギなど、あれもバラ科!?と驚きます。

7c195x181y150t84img_8072
リュウゼツランも仲間が多い植物のようです。
一見、アロエに似ていますが別の種なのだそうです。
このリュウゼツランはアオノリュウゼツラン
その中心から高く茎が伸びて無数の花を咲かせますが
非常に長い期間を経て花が咲きます。
その期間は40年とも70年とも諸説あるのは
いつから生えているのか分からない昔のこと故か?
60年前後というのが真相のようです。
そして、花が咲いた直後に全体が枯れるます。

8c149x131y150t84img_8035
花が開ききらない時期の椿の端整なこと。

ハクモクレンは庭木として見かけることが多い樹木です。
このハクモクレンはビルの3階から4階ほどの高さがありました。
11c204x230y84img_8050
下向きの小さな花を咲かせるサクラと違い
青空を背景に、上向きの花を咲かせる雄大さと開放感があります。

| | コメント (0)

«ソメイヨシノに先立ち