2017年6月20日 (火)

紫陽花の切り花

お馴染み、ご近所の古刹に紫陽花を撮りに行く。
裏山に入る前、切り花の紫陽花をマクロレンズで撮る。
屋内なので花が風に揺らされる心配もなく
落ち着いて撮ることが出来る。
仮に、出来の悪い写真があれば撮影者の技量不足なり。

5c216x203y141t84img_4419
お多福とかなんとか、そんな名前でしたかね?

7c42x51y84img_4426
特に論評なし、フツーの紫陽花。

3c162x146y84img_4412

1c54x35y142t84img_4423
墨を思わせる色合いは、紫陽花には珍しい。

5c143x131y155t84img_4409
私が好きなヤマアジサイの紅。
花の咲き初めから次第に色を濃くして、最期は深紅に変わる。
人の、特に女性の人生を見る思いがします。

| | コメント (0)

2017年6月17日 (土)

馬勝負から花菖蒲

話題を替えます。
六月、旬の花といえば花菖蒲(菖蒲、杜若を含む)と、紫陽花。
先ずは花菖蒲からご紹介と参ります。
処は小石川後楽園。
水戸徳川家の中屋敷に、二代藩主の光圀が完成させた
回遊式築山泉水庭園で、この時期は花菖蒲が見事です。

今年、三月の染井吉野、五月の春薔薇と早目の撮影で
この花菖蒲も少し早目の開花間もない頃の撮影です。
3c59x86y84img_4177
花菖蒲としては代表的な色ですね。

5c153x149y84img_4229
白を基調に華やかな色合い。

5c96x121y84img_4172
ピンクの花菖蒲は珍しく思いました。

233x223y167t84img_4205
開花直後のようです。
番いの鳥を想わせる形が面白くシャッターを切る。

3c195x212y84img_4157
訪れた日、この色味の花が多く見られた。

7c190x204y84img_4092
まだ蕾みが目立ちますが
むしろ適度な透き間が出来ており
引いた撮影サイズでは花の判別がついてよかった。

| | コメント (0)

2017年6月11日 (日)

今更ながらの日本ダービー

第84回日本ダービーから2週間。
今更その話題を持ち出して誰が振り向きましょうか?
レースを振り返るならネット上で動画を検索すれば済みます。
それでも尚、レースの写真を公開する、そのココロは?
早い話しが写真をひけらかすのが目的で
誠にもって卑しい根性です。

日本ダービーの観客数を大掴みで15万人といわれますが
この日の観客数は11万人余りと少な目でした。
5月末ながら午前中の強い陽射しは
競馬ファンの東京競馬場へ向わせる熱意を削いだかもしれません。

優勝したクリストフ・ルメール騎手は
スタートから300m辺りでスローペースと判断して
先行すると決めたと語っていました。
5c191x173y151t84img_3950
丁度この辺りでしょうか。
後方から5番手に位置をとっています。

先ず正面スタンド前を通過します。
5c84img_3953
先頭は終盤まで先を行く3番のマイスタイル(4着)。
7番のアルアインは粘って5着に入りました。
12番、優勝したレイデオロは内から外に出して左端。

3c145t84img_3957
8番トラストはゼッケン番号と同じ8着でゴール。
2着に入った4番スワーヴリチャードはゴール板前に居ます。

向こう正面でレイデオロは後方から5番手に居ますが
ファインダーを覗いていても分かるスパートをかけます。
5c218x195y152t84img_3966

5c222x196y128t84img_3967
既に、この時点で2番手まで上がってきました。

5c217x206y167t84img_3980
12番レイデオロが先頭に立ちます。
4番スワーヴリチャードも猛追します。
中盤外から18番アドミラブル(3着)もスパート。

レイデオロがスワーヴリチャードを1馬身離します。
5c84img_3989

3c219x197y150t150t160t84img_3990
レイデオロがゴール前を駆け抜けます。

3c32x36y149t84img_3994
18番の内に、5着7番のアルアイン。
そのまた内が6着1番のダンビュライト。
11番、7着のペルシアンナイト。
そして8番8着のトラストと続きます。

3c29x36y140t84img_4010
勝って誇らしげなレイデオロ。
スタンドからの声援に応えるルメール騎手。

5c207x189y155t84img_4020
表彰式の準備が始まりました。

| | コメント (0)

2017年6月 2日 (金)

儀式 ~日本ダービー~

初めて東京競馬場を訪れて感じたのは、広い!!
スタンドから肉眼でレース全体を眺めるのは無理だと察します。
レースを克明に眺めるのならテレビ実況などの方が確かです。

そうした事情を補うのが場内に設置された大型の映像スクリーン。
東京競馬賞ではターフビジョンと呼ばれる2651型のスクリーンが
正面スタンド前に2基設えられており、
屋内にも大型スクリーンのフジビュースタンドがあります。
買った馬券の結果に執心する「競馬のプロ」は
専ら、これらの映像スクリーンでレース結果を把握するようです。

7c204x189y187t84img_3936
そのターフビジョンに映しだされた4人の男女は
日本中央競馬会(JRA)の年間プロモーション
HOT HOLIDAYS! に出演している俳優さんたちで
レース後の表彰式にも登場されます。

164x175y148t847img_3941
このターフビジョンは、幅が66.4m 高さが11.2mあるようです。
目の前のレースや、他の競馬場のレースを映し出したり
オッズなどの情報を観客に提供する役目を負っています。

5c215x197y155t84img_3937
日本ダービーなどの大きなレース前には
君が代が唄われることが習わしのようです。
この日は、岡本知高さんによる君が代独唱が披露されました。

レース前の儀式には、華やかさと厳粛さが漂いますが
レース後の儀式には誇らしさと歓びが溢れます。
3c194x164y149t84img_4027_2
優勝馬にも勝った実感があるのでしょうね。


7c201x177y166t84img_4024_2
ダービー馬レイデオロに関わった人たちの記念撮影。
これでも代表者の皆さんと思われます。

3c208x189y145t84img_4034
馬主、調教師、騎手など主だった関係者の表彰。
ゲストからの花束贈呈。

5c237x206y144t84img_4050
馬主などの関係者と、ゲストとの記念撮影。

さて、刻はレース前に遡ります。
出走ゲートが馬場に引き出され
いよいよ競馬の祭典、第84回日本ダービーの出走です。
9c211x163y157t84img_3934

| | コメント (0)

2017年5月29日 (月)

着々と準備がすすむダービー

競馬の祭典本ダービー ~東京優駿~
84回目を迎える今年は、2014年生まれの3歳馬
7015頭の頂点争いに決着をつける一番勝負。
選りすぐりの18頭による晴れの舞台です。
出走馬一頭一頭に3年間のドラマがあり
それぞれの関係者の夢と期待を背負っての大一番。
また、多くのファンの応援と願いを込めたレースでもあります。

3c190x171y09r218t84img_3868

その点、私ほど詰まらぬ観客は居ないでしょうね。
買ったのは入場券一枚だけ。
レースの展開にも結果にも一切興味がなく
ただレースを撮ることだけに専念します。

7c147x151y140t68img_3873
パンフレットは持ち帰りましたが・・・

7c221x192y146t84img_3874
場内はお祭気分に満ち溢れています。

7c208x242y143t84img_3879
ダービーの一つ前に行われるレース(むらさき賞)のパドックにも
特別な緊張感が張り詰めているようです。

5c232x219y158t84img_3885
今回の撮影位置は予め考えていたココに決めました。
これまではゴール板正面を死守していましたが
ゴール直後の写真を撮るのが狙いです。

7c204x185y137t84img_3920
レースが終わるたびにコースの整備が行われます。
異物を拾ったり、コースの荒れを直しているようで
大切な競走馬を護る重要な仕事です。

3c125x139y140t84img_3921
さあ、全ての準備が整いました。
いよいよ出走馬が馬場に登場して来ます。

| | コメント (0)

2017年5月28日 (日)

東京競馬場 競馬の祭典に先駆けて

ここにやって来たのは
2013年5月28日 日本ダービー
2015年5月24日 オークス
そして今日が3回目で、第84回日本ダービーの開催日。
今日も馬券を取るより、レースを撮るのが目的の来場です。
何せ競走馬にとって一生に一度限りの出走機会であるダービー。
レース前から競馬場内は浮き立つ興奮に包まれています。

まずダービーの1レース前に行われたむらさき賞で小手調べ。
3c208x178y84img_3877
パドックを見下ろすスタンドは人でいっぱいです。

3c204x173y84img_3882

3c193x159y84img_3886
コースの内側にも多くの観客が詰め掛けています。

レース経過は端折って、ゴール前のデッドヒート。
3c191x182y84img_3910

3c189x181y84img_3912
ゴールの瞬間。
撮影位置に角度があり、奥の馬が勝った様にみえますが
1着は手前2番、4番人気(オッズ7.5)のサンマルティン。
2着は奥の8番、ショウナンマルシェ。
因みにショウナンマルシェは出走14馬で最も人気薄で
オッズでは1着サンマルティンの10倍の75.6でした。

3c193x182y84img_3914
クビの差で勝利したサンマルティンは、馬首を前後に振る
そのタイミングげ勝ったようにも思えます。

さて、次はいよいよ日本ダービーの模様を紹介します。
結果はニュースなどで承知でしょうから速報性は度外視します。

| | コメント (0)

2017年5月27日 (土)

故郷の大地を見る

親元を離れ、新しい棲家と実家との行き来は
当時の国鉄に頼り、ほぼ一日掛かりの往復でした。
函館と青森を結ぶ津軽海峡に
青函連絡船が就航していた頃の話です、

社会人になってからは時間短縮が優先されるので
空路での帰省が当たり前になりました。
当時、就航していたのは東亜国内航空で、
搭乗機は日本が誇る国産ターボプロップ機のYS-11。
現在は東亜国内航空を合併吸収した
日本航空の翼に身を委ねています。
3c195x182y142t84img_0991

東京国際空港を飛び立った搭乗機の眼下には
暫くの間、雲海が拡がるばかりでした。
三陸沖を通過する辺りから視界が開け始めました。

これは大雑把にいえば菱形の北海道の西南端。
サラブレッドの産地として有名な日高地方の海岸線です。
15c208x178y68img_1005
この下方が襟裳岬です。

5c225x171y68img_1012
搭乗機が高度を下げると、現実的な風景が見えます。

7c189x160y112t68img_1043
到着した空港から実家まではバスで向います。
上空から見た大地の、この遠近感こそ北海道です。

帰路、往路とは飛行コースが変わって
襟裳岬の上空を飛びました。
15c208x170y68img_1048

歌手・森進一さんが、春の襟裳岬には何も無いと唄って
地元の人々を激怒させた歌謡曲は昭和の余話です。
既に空路で故郷を行き来していた私ですが
石川さゆり嬢(当時)が唄う津軽海峡の情景に
強く望郷の想いを抱いたものです。

| | コメント (0)

2017年5月21日 (日)

見慣れた風景なれど

以前は数年ごとにしか帰らなかった実家ですが
父が亡くなり、母が老いてからは訪れる間隔が短くなっています。
これまでは亡父の法事や、母の誕生祝いなどで帰省することが多く
2月か3月の雪に覆われた故郷の写真が多くなっていました。
久々に緑が色濃い季節の風景は、我が事ながら新鮮に映ります。

実家から程近い公園は、何年も前から様変わりしています。
車両の乗り入れが禁止されたことで、歩行者が安心して歩けます。
7c59x67y160t84img_3701

4c189x202y156t84img_3710
この入口を入った右手にはパークゴルフ場がありました。
北国らしい白樺並木に接した広い施設です。

3c191x170y156t84img_3704
パークゴルフ場の手前には、煉瓦造りの小屋があります。
前回に紹介した芝生だけの広場は
昭和末期まで刑務所だった跡地ですが
この小屋は、それを遡る明治期末期に造られた石油庫です。

5c200x182y158t84img_3734
奥に見えるステージは、私が知らない施設ですが
ここからの眺めは懐かしい。
この左手には売店があり、ボートを貸し出しています。
小遣いを持たない子どもでも、半日は遊べる楽天地です。

3c207x146y68img_3736
池があるところから、一歩丘陵部に踏み入れると
里山と呼ぶには少々小さい丘ですが
野鳥や小動物には恰好の棲み家であるようです。

5c224x188y84img_3738
百歳の鐘は地元の歴史を語り継ぎます。

| | コメント (0)

2017年5月19日 (金)

深緑の北国

暫くの間、店を放置して出かけておりました。
行き先は北国。

桜は散り、一気に深緑の世界が拡がっています。
そこここに見られる空き地では、
黄色い蒲公英が数知れないほど咲きほこり
雑草の緑色と、蒲公英の黄色が対照的な眺めでした。

7c222x1787y84img_3671
実家近くの遊歩道は、これまで何度か紹介しています。
冬の風景が多かったと思います。
こうした眺めは新鮮に映るのではないでしょうか。

7c224x183y84img_3675
遊歩道に隣接するホテルの庭。
時にはエゾリスの姿を見ることができます。

7c216x196y84img_3700
ただただ広いだけの芝生。
昭和の時代まで法務省の矯正施設(早い話しが刑務所)の跡地です。
何もない芝生として存在しえるのは広い大地のお陰か?

3c216x151y84img_3716
白樺並木は典型的な北国の眺めです。
先の芝生の隣りで、公園に続く一本道。

9c207x167y84img_3730
一本道の先にある公園。
子ども向けの遊戯施設が僅かにありますが
大人も遊べるのは貸しボートくらいしかありません。

5c202x158y84img_3735
右はボートを浮かべる池を望む「展望台」。
丘全体が手付かずを思わせる公園です。

| | コメント (0)

2017年5月11日 (木)

モナコ公妃の面影を追う3本のレンズ

春薔薇の旬に先駆け訪れた新宿御苑。
これまでは、開花時期の中盤から終盤を狙っていました。
訪問時期を早めたことで、
これまで出会えなかった花とまみえられましたが
一方では、お馴染みさんとは蕾みの対面でした。

プリンセ・ ドゥ・モナコ
ハリウッド映画界で全盛を誇った女優が
欧州の大公の求めに応じ彼の妃となった。
まさにシンデレラ物語りの主役。
その淑女に捧げられた薔薇。
白とピンクは、かの国の国旗をイメージしているといわれるが
公妃のイメージとも重なる色彩であります。

ところが、一輪だけ咲いた花は向こうを向いています。
お妃様はチョットおカンムリ?
それでも無頼なパララッチは、無遠慮にカメラを向けます。

新宿御苑の薔薇園は、花と些か距離があります。
結果、従来の花の撮り方であるマクロ撮影が叶いません。
そこで撮った一枚がコレです。
84img_3069
Canon MACRO LENS  EF-S60mm F2.8 USH
F:7.1 1/500 焦点距離60mm



マクロ撮影の威力を発揮出来ないとき
これまで使っていたレンズで撮った画像がコレです。
84img_3210
Canon ZOOM LENS EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS STM
F:7.1 1/320 焦点距離135mm


昨年購入して、今年の梅や桜の撮影に力を発揮したレンズ。
84img_3406
TAMRON SP 70-300mm F:4.5-5.6 Di VC USD
F:5.6 1/250 焦点距離109mm

300mmまでの望遠レンズだと、かなり余裕の撮影が可能です。

  因みに、今回の画像は補正やトリミングなど
  私の画像では当然に施される処理は行っておりません。

| | コメント (0)

«名前はナシだが、花も実もある。